家づくりよろず話

スタッフブログ

家づくりよろず話

秋田市で分譲住宅を購入しようとお考えの方はいらっしゃいませんか。
その中には、住宅ローンが返済できるかどうかが心配な方もいらっしゃいますよね。
そもそも住宅ローンの種類にはどのようなものがあるかについてご存じでしょうか。
そこで今回は、住宅ローンの種類やその金利について解説していきます。

□分譲住宅における住宅ローンの種類とは

それでは、分譲住宅における住宅ローンを3種類紹介します。

1つ目は、民間融資です。
これは、銀行など民間の金融機関が行っている住宅ローンであり、最も一般的なものと言えるでしょう。
特徴として、金融機関の種類も多いことからも想像できるように、様々な種類のローンから自分に合ったものを選べることが挙げられます。
検討しているローンを組むためには、年齢や収入など審査項目をクリアする必要があるでしょう。

2つ目は、公的融資です。
これは、国や地方自治体などが行っている住宅ローンです。
金利が低く設定されていることが特徴ですが、貯蓄金額での制限や税金を滞納していないかなど、審査基準は厳しく設定されています。
都道府県や市町村によって制度が異なることもあるので、まずは問い合わせて条件を確認しましょう。

3つ目は、協調融資です。
これは、民間の金融機関と住宅金融支援機構により行われている住宅ローンです。
借入から返済まで金利が一定であることが最大の特徴と言えます。
住宅の基準をクリアしていることや、金融機関によって事務手数料が異なることに注意が必要でしょう。

このように住宅ローンにも様々な種類があります。
自分に合った住宅ローンがあるはずですので、検討してみましょう。

□金利の種類とは

住宅ローンの種類について紹介しました。
その他に、金利にも種類があることをご存じでしょうか。
固定型と変動型の2種類の金利がありますので紹介します。

まず、固定型の金利があります。
借入した際に金利が決められており、決められた金利通りに返済していきます。
一般的に見ると、変動型よりも金利は高いことが多いですが、変わることがないという安心感もあるでしょう。
ライフプランを立てやすいことがメリットとして挙げられます。

次に、変動型の金利です。
固定型とは違い金利が変動しますが、比較的低めに設定されていることが特徴です。
しかし、景気に左右されて予想を超えて高くなる可能性もあるでしょう。
この先、どのような事態で景気が悪くなるかは分からないので選ぶ際は注意が必要です。

住宅ローンはすぐに返済できるものではないので、長い目で見て検討を重ねましょう。

□まとめ

今回は秋田市にお住まいの方に向けて、住宅ローンの種類と金利の種類について解説しました。
住宅ローンにも様々な種類があることが分かりましたよね。
金利にも気をつけてローンを組むことが大事です。
当社は、住宅ローンにお悩みのお客様からのご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

分譲住宅の購入を検討している方の中で、「防犯はしっかりしているの」と不安に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
小さなお子様がいる家庭では、なおさら気になる話だと思います。
暮らすのであれば、安心できるところが良いですよね。
そのような方に、秋田市の専門家が分譲住宅の防犯について紹介します。

□空き巣に入られやすい家の特徴とは

空き巣に入られるのは誰でも怖いと思いますよね。
それではどのような住宅が空き巣に入られやすいのでしょうか。
特徴を3点紹介します。

まず1点目は、近くに公園があることです。
「公園には人がたくさん集まるので安全なのでは」と思った方もいらっしゃると思います。
確かに公園には人が集まりますが、それに紛れて下見を行う空き巣犯もいますので注意してください。
住人が家を開けている隙に空き巣を狙うでしょう。

2点目は、庭先の樹木で外から住宅が見えにくいことです。
近隣からの視線を気にして、プライバシーを守るために樹木を植えている方は多いと思います。
しかし、外からの視線を遮っていることは、空き巣が犯行に及んでも気づかれないことも多いと言えるでしょう。

3点目は、立地的に視界が悪いことです。
閑静な立地は落ち着いて暮らすのに最適だと多くの方が考えるでしょう。
しかし空き巣犯からすると、いざとなればすぐに逃走できるため非常に空き巣がしやすい住宅です。
袋小路に隣接している住宅や、閑静な環境では防犯対策が欠かせないでしょう。

□おすすめの防犯対策とは

空き巣が入りやすい住宅の特徴が分かりました。
自分の家が空き巣の入りやすい条件に当てはまっていたとすると対策をしたいですよね。
以下におすすめの防犯対策を紹介します。

まず、窓ガラスを強化することです。
空き巣が住居に侵入する際は、窓ガラスを壊して侵入することが多いからです。
防犯ガラスを取り入れる検討をしてみてはいかがでしょうか。
また、窓ガラスの外側に面格子を導入すると防犯性を高められます。

次に、住宅の見通しを良くすることです。
空き巣に入られやすい住宅の条件で紹介した通り、庭の樹木が外からの視線を遮りますので、庭の樹木はほどほどにするのがおすすめでしょう。
プライバシーを守りたい時は、カーテンを上手に利用しましょう。

□まとめ

今回は、分譲住宅の防犯について、秋田市の専門家が紹介しました。
防犯に気を付けた住宅であれば、安心して暮らせますよね。
紹介した住宅の造りを参考にして、防犯対策が整った住宅選びに役立てていただけると幸いです。
当社では、防犯を考えた分譲住宅を扱っておりますので、気になる方はお気軽にご連絡をお願いします。

「そろそろ家を購入したい」「住宅の種類ってあるの」
秋田市にお住まいで、このように考えている方はいらっしゃいませんか。
住宅の購入は、人生においても最も大きな買い物の1つですので、よく比較検討して購入したいですよね。
そこで、分譲住宅と注文住宅にはどのような違いがあるのかを説明します。

□分譲住宅の特徴とは

分譲住宅と注文住宅の違いを見ていくために、まず分譲住宅の特徴について紹介します。

分譲住宅の特徴と言えば、なんと言っても費用の安さでしょう。
想像できた方も多いのではないでしょうか。
しかし、この安さが何に由来するのかご存じでしょうか。
施工会社が手掛けているのが1棟だけではないことがポイントです。

分譲住宅を建てる際は、1棟ずつ建てるのではなく、複数の住宅を建てることを見越して建材を仕入れます。
一度に大量に建材を仕入れますので、1棟分の材料費は安くなるでしょう。
同じ建材で住宅を建てるので、調和の取れた街になります。
また、このようなスタイルなので施工会社はこれまでにいくつもの住宅を建ててきており、建築のノウハウを確立させているため、工数を減らすことに成功しているのもコストを抑える要因と言えるでしょう。

分譲住宅は安さは、ただ安いということではなく、多くの工夫や努力によって実現されているのです。

□注文住宅の特徴とは

分譲住宅の特徴を紹介しました。
それでは、注文住宅はどのような違いがあるのでしょうか。
注文住宅の特徴を紹介します。

注文住宅の魅力は、自由度の高さがあることだと言えるでしょう。
外観や間取りなど、自分の理想を詰め込んだ住宅を建てられます。
自分のこだわりや夢がある方にはおすすめできる住宅でしょう。
プランニングから施工中まで多くの機会で家づくりに関われるので、住宅への愛着が湧きやすいことも魅力です。

反対に、この自由度の高さはデメリットともなり得ます。
自由に設計できる分、どうしても分譲住宅と比べて費用が高くなります。
特にこだわりがない方は、注文住宅を購入しても、分譲住宅とあまり変わらない住宅になる可能性もあるでしょう。
それならば、分譲住宅を安く購入した方が、余った資金を他の用途に使えるので生産的だと言えます。

注文住宅の特徴を紹介しました。
分譲住宅、注文住宅それぞれに良い点があります。
自分が何を優先させるかを把握しておくことが重要です。

□まとめ

今回は秋田市在住の方に向けて、分譲住宅と注文住宅の違いについて説明しました。
それぞれに特徴があり、違った長所があることも分かりましたよね。
住宅の購入を検討している方は、よく考えて後々になって後悔しないような選択をしてください。
当社は、分譲住宅でのご相談を承りますのでお気軽にご連絡ください。

秋田市で住宅の購入をご検討中の方で、分譲住宅にご興味のある方はいらっしゃいませんか。
分譲住宅と言われてもそのほかの住宅様式との違いがよくわからない方もいらっしゃると思います。
そのため本記事では、分譲住宅について詳しくご説明します。

 

□分譲住宅とは

まず、分譲住宅の意味についてご説明します。
一戸建ての住宅は注文住宅と分譲住宅の2つに分けられます。
それぞれの違いは、自分で選んだ土地に自分の設計で建築する注文住宅に対し、分譲地に間取りや仕様が決められた住宅のことを分譲住宅と言います。
また、建売住宅という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、建売住宅とは「分譲地に建てられているかどうか」という点以外は分譲住宅と同じと考えてください。

また、分譲地と宅地の違いは上下水道などのインフラや住宅の区画が整っているかどうかです。
分譲地はインフラや区画が整っており、購入者が整備する必要はありませんが、宅地は住宅を立てられる土地でしかないため、インフラや区画が整っていない場合は購入者が費用を出して整備する必要があります。

 

□分譲住宅のメリットについて

本記事では、分譲住宅のメリットとして以下の2点を挙げます。

 

*購入前に住宅を見られる

1つ目は、購入前に住宅の実物を目で確認できるという点です。
注文住宅では自分で外装や内装の設計をするため、完成するまで実物が見られず、完成した際に収納スペースが少ないことや日当たりが強いなど、予想していなかった要因が発生することで後悔される方が多いです。
それに対し、分譲住宅は既に完成された住宅を見るため、予想外の要因が発生する可能性は低いです。
この点はかなり大きなメリットと言えるでしょう。

 

*費用が安い

2つ目は、費用が安い点です。
分譲住宅はハウスメーカーによって既に完成した住宅であるため、注文住宅より安いことが多いです。
また、費用が明示されているため購入に必要な費用が把握しやすく、前もった資金計画が可能です。
住宅の購入は人生の中でも大きな買い物でありますが、費用を抑えられ、資金計画が立てやすい分譲住宅は金銭面でも比較的に家庭に優しいと言えるでしょう。

 

□まとめ

本記事では分譲住宅についてご説明いたしました。
住宅購入は大きな買い物であるため、本記事も参考にしながら慎重な住宅選びをして、理想な住宅に住みましょう。
また、当社は秋田市を中心に住宅販売と住宅ローンの相談をおこなっておりますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

秋田県で住宅購入をご検討されている方、平屋の住宅はいかがでしょうか。
平屋は日本で古くから用いられてきた住宅構造である一方、現代的なおしゃれな空間を作る際にも用いられる住宅様式の1つです。
本記事では、平屋には具体的にどのようなメリットとデメリットがあるのか、秋田市の住宅会社である当社がご説明します。

□平屋のメリットについて

まず平屋のメリットについて、今回は以下の3つを取り上げます。

1つ目は家族との距離が近くなり、コミュニケーションを取りやすくなることです。
平屋はすべての部屋が同じ階に設置されるため、顔を合わせる回数が増え、自然と会話の回数も増えます。
特に、お子さまがいる方は、子供が何をしているのか把握しやすいという点もメリットとして大きいでしょう。

2つ目は安定感のある構造であるため、台風や地震などに強いことです。
日本は古くから自然災害大国であったため、自然環境に強い平屋の住宅構造が生まれたのでしょう。
しかし、大雨に関しては、立地条件によっては地面より高く建てる必要があります。

3つ目はメンテナンス費用が安く済むことです。
住宅は建てたら終わりではなく、定期的なメンテナンスが必要ですが、その際に足場を組む必要がないため、その分安く済みます。
そのため、長期的な目線では平屋では数十万円の費用削減ができるでしょう。

□平屋のデメリットについて

次に平屋のデメリットについて、今回は以下の3つを取り上げます。

1つ目は工事にかかる坪単価が高くなりやすいことです。
平屋は1階建てであるため、2階建てと比較すると1階の床面積が広くなり、結果として坪単価が高くなってしまいます。
また、それに伴い屋根の面積も大きくなるため、注意しましょう。

2つ目は広い土地が必要であることです。
例えば、6個の部屋がほしい場合、2階建てでは各階に3個ずつの部屋を作れば良いのですが、平屋ではすべて1階に作らなければいけないため、敷地が広くないと作ることができません。
土地の安い地域であれば、平屋は手が届きやすいですが、土地の高い地域などでは平屋は難しいかもしれません。

3つ目は日当たりの確保が難しいことです。
平屋は床面積が広くなるため、建物の中心部の日当たりが悪くなってしまう傾向があります。
そのため、建物全体に日を通すためには、その土地の太陽の動きを考慮しながら、住宅の構造を工夫する必要があります。

□まとめ

本記事では平屋のメリットとデメリットについてご説明しました。
平屋の良いところ、悪いところをしっかりと理解した上で、平屋にするかご検討ください。
また、当社では秋田市を中心に平屋の住宅販売を行っております。
住宅購入をご検討の方はお気軽にご相談ください。

分譲住宅を購入予定の皆さん、選ぶ際のポイントを知っていますか。
本記事では、分譲住宅の選ぶポイントとして、「予算を決めておくこと」と「区画の選び方について」の2つに焦点をおいて詳しくご紹介します。
分譲住宅をご購入の方だけでなく、住宅購入をご予定の方もぜひ見てください。

 

□予算を決めておくことについて

1つ目は、予算を決めておくことです。
毎月の家計や貯蓄を鑑みて、頭金を支払うことはできるのか、ローンは毎月どの程度返済できるかなどを把握しましょう。
また、住宅を購入する際は物件の価格だけでなく、家具や電化製品などの購入費や引っ越し代などの入居費などもかかることを忘れないようにしましょう。

住宅ローンに関して、無理をして借金をしてしまった場合、せっかくの新居での生活を楽しく過ごせませんよね。
楽しく生活するためにも、家計の負担にならいように住宅ローンを組む必要があります。
具体的には、年収の25パーセント以内が安心して返済できる金額であると言われています。
住宅ローンは各金融機関でシミュレーションができるため、不安がある人は一度確認されてはいかがでしょうか。

 

□区画の選び方について

次に、分譲地の区画の選び方について紹介します。
分譲住宅は、分譲地に建てられており、区画が指定されています。
しかし、どの区画が良いのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
結論としては、区画を選ぶ際に大切なことは、住宅に求めるものの優先順位を定めておき、希望に沿うような区画を見つけることです。

分譲地の中で人気のある区画であっても、一長一短です。
1番の優先事項を、ご家族がいらっしゃる方はご家族と話して決めておき、それが達成できるような区画を見つけるようにしましょう。
区画を見てから、そこにある住宅の長所短所をみて、その中から自分たちの優先順位を決めるのではなく、自分たちの優先順位を決めてから、区画をみてそこにある住宅の長所短所をみることで、軸がぶれずに済みます。
また、それでもなかなか決まらないという方は、東西南北で区画を分け、その4つの区画から選択していくという方法もあります。

 

□まとめ

今回は、分譲住宅の選ぶ際のポイントについて2つの点を紹介しました。
分譲住宅は、注文住宅と比較して設計の面では考える必要はありませんが、区画の面ではしっかり考慮する必要があることを覚えておきましょう。
また、当社では秋田市を中心に住宅販売や住宅ローンの相談を承っておりますので、ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

建売住宅をご購入予定の皆さん、購入の契約の流れについてしっかりと理解していますでしょうか。
契約の流れを理解していないと、その後の日程計画を立てるのが困難になることに加え、申請期日が過ぎてしまうということになりかねません。
そこで本記事では、建売住宅の契約の流れについて秋田市の住宅会社がお答えします。

 

□流れについて

まず、建売住宅の購入契約の流れについて紹介します。
本記事では、大きく4つの段階に分けました。

1段階目は不動産業者に購入申し込みをして、不動産売買契約を結びます。
購入申し込み後、7日〜10日ほどで行うのが一般的です。
また、この契約後のキャンセルは難しいことが多いため、事前の説明をしっかりと聞いてから契約してください。

2段階目は住宅ローンの申し込みと契約です。
住宅ローンはあらかじめ資金計画を明確にしておくことが契約につながる方法であるため、申し込みをする段階で資金計画ができているようにしましょう。

3段階目は引渡し前の内覧をして頂きます。
この段階では実際の住宅に赴き、キズや汚れがないか確認します。
また、この段階で室内のサイズも測っておくことで、家具の購入を早められるため、測っておきましょう。

4段階目は入居です。
建物の登記が終わり、ご自身の住宅として認められ、残金決済の日程が決まり次第、引っ越しの準備や手続きの予定を立てていきましょう。

 

□注意点について

次に、建売住宅の購入の中で注意するべき点を2つ紹介します。

 

*価格構成要素を確認する

建売住宅は、注文住宅に比べて安価であることが多いですが、その価格を構成する要素は何かをしっかりと確認する必要があります。
理由としては、私たちが生活を送る上で、ある程度重要度の高いものがオプションとして扱われていることがあるからです。

 

*アフターサービスの対象になっているか確認する

点検はどれくらいの頻度で行われるのか、保証期間はどれくらいで、保証対象の設備は何かなど、アフターサービスの内容を万が一に備えて確認しておきましょう。
特に新築の方で、新築という理由からこの点を確認しない方が多いため、注意してください。

 

□まとめ

本記事では、建売住宅の契約の流れと注意点についてご紹介しました。
今回紹介したものは大まかな流れであるため、購入される際は、今一度ご自身で調べていただくか、専門の企業の方にお問い合わせください。
また、当社は秋田市を中心に不動産業者として活動しておりますので、お気軽にご相談ください。

秋田市で平屋の購入をご検討されている方はいませんか。
平屋は自然環境に強く、日本古来の美しさや現代的なおしゃれさを持った住宅にできるため、人気ですよね。
しかし、平屋は間取りの設計をおろそかにすると、プランが台無しになってしまいます。
そこで本記事では、平屋間取りの決め方についてご紹介します。

 

□間取りの重要性とは

平屋間取りの決め方の前に、まずは間取りの重要性についてご紹介します。
この記事を読んでくださっている方の中には、「間取りはただ部屋の位置を示すものじゃないの。」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
確かに、間取りが示しているものは部屋の位置だけですが、重要なのは部屋の配置であると言えるでしょう。

具体的には、キッチンとダイニングが遠い住宅や、トイレと寝室が遠すぎる住宅などでは、生活の利便性は低くなってしまいます。
利便性の低い住宅だと、日常生活の中でストレスを感じてしまうかもしれません。
それを防ぐために、間取りを通して部屋の配置を考えることが重要なのです。

 

□間取りの決め方について

では、平屋の間取りはどのように決めれば良いのでしょうか。
結論としては、一般的な住宅と意識することは同じで、「動線を意識して部屋の配置を決める」ことです。

動線とは、人間の動いた軌跡を線で表現したもので、この線を意識しながら間取りを決定することで、私たちの部屋の移動に無駄をなくし、快適な部屋の配置にできます。
また、動線は「家事動線」「生活動線」「来客動線」の3つに分類され、それぞれ意識するものが異なりますが、どれも重要な要素です。

具体的には、家事動線は洗濯機の近くに洗濯物を干すスペースを設けるなど、家事のしやすさを意識した動線ができるように部屋を配置しましょう。
生活動線は、トイレと寝室の位置を夜中にも移動しやすい程度の距離に配置するなど、生活のしやすさを意識した動線ができるように部屋を配置しましょう。

来客動線においても、玄関からリビングまでの動線上にトイレや洗面所を配置しないことで、来客中でも家族がトイレに行けるように配置するなど、来客の方と家族の両方を意識した動線になるように部屋を配置しましょう。

 

□まとめ

本記事では平屋間取りの決め方についてご紹介しました。
平屋は通常の住宅より建築費用が高い傾向があるため、余計な費用を出さないためにも初めの設計の段階で、しっかりと決めましょう。
そして、そのためには間取りをしっかりと意識することが重要であることを覚えておいてください。
また、当社では秋田市を中心に平屋住宅建築や住宅ローンの相談を行っておりますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

秋田市で物件購入をご検討中の方、建売住宅はいかがでしょうか。
「建売住宅とは聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない。」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで本記事では、建売住宅に焦点を当てて、詳しく解説していきます。
物件購入をご検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

 

□建売住宅とは

建売住宅とは、土地と建物がセットになって売られている住宅のことです。
その中でも、既に完成した建物が販売されるか、設計が決定したが建物自体は完成してない建物が販売されるかの2つの販売方法があります。
そして、建売住宅は、既に間取りや設備などの基本的な設計は決められているため、注文住宅より自由度はありませんが、土地がついているうえに、注文住宅よりは労力をかけずに購入できることが特徴です。

分譲住宅との違いですが、分譲地に建てられているかどうかでの違いしかありません。
分譲地に建てられる住宅が分譲住宅であり、分譲地ではない土地に建てられ、注文住宅でない住宅を建売住宅と呼びます。

 

□メリットとデメリットについて

次に建売住宅のメリットとデメリットについて注文住宅との比較を示しながら紹介します。

 

*メリットについて

まずメリットとして、既に完成した住宅であれば実物の住宅を見られるため、購入後の生活を思い描きやすいことが挙げられます。
また、既に建っていることから、購入してから実際に住み始めるまでの期間が、注文住宅と比較して短いという点もメリットと言えるでしょう。

その他にも、1からプランを考えなければいけない注文住宅とは異なり、間取りや設備が既に決められているため、プランを考えるのが得意でない方や住宅の設計について理解できていない方でも安心です。
また、費用の観点においても、同じ建材の大量発注や工事の効率が良くなるため、注文住宅より費用を割安にできます。

 

*デメリットについて

次にデメリットとして、決められた条件の中からご自身の理想に一番近い住宅を探すため、完全に理想と一致する住宅に住むことはできません。
また、物件によってはフェンスや駐車場など、住宅の購入後にご自身の生活スタイルに合わせたものを購入する必要がある場合もあります。
その場合は、追加工事となり費用がかかるので注意しましょう。

 

□まとめ

本記事では建売住宅についてご説明しました。
物件を購入する方法にはさまざまなものがあることを認識し、それぞれの特徴を理解した上で、物件購入のご検討をされてください。
また、当社では秋田市を中心に住宅販売や住宅ローンの相談を行っておりますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

「家を購入したいけどローンが払えるか心配。」という方は、ローコスト住宅の購入を視野に入れているのではないでしょうか。
ローコスト住宅は建築費を抑えられますが、注意しなければならないこともあります。
そのため今回は、ローコスト住宅の説明に加えて、建てる際の注意点を紹介します。

 

□ローコスト住宅について

まずは、ローコスト住宅を知らないという方のために詳しく解説します。
ローコスト住宅とは、通常の注文住宅に比べて建築費を抑えてつくられた注文住宅のことで、明確な定義はありませんが、坪単価が約40万円、あるいは施工費の総額が約1500万円以下の注文住宅を指すと言われています。
通常の注文住宅の坪単価が約60万円、あるいは施工費の総額が約2500万円かかることを考えると、ローコスト住宅はまだ手が出しやすい価格に感じられるのではないでしょうか。

コストを減らすことが成り立つ理由としては、業者が作業の効率を向上させることや経費の削減などによって利益を上げ、その還元として建築費を下げているからです。
つまり、お客様の負担を可能な限り減らしつつ、住宅に満足していただきたいという業者の思いから成り立っているものと言えます。

 

□建てる際の注意点について

次に、ローコスト住宅を建てる際の注意点について紹介します。
まずは、住宅で実現したいことの優先順位を決めて、その実現したいことをかなえつつ、できるだけ建築費が抑えられるように工夫することです。
ローコスト住宅の良さは費用が安いことですが、さまざまなオプションをつけていると、気がついたときには通常の注文住宅と変わらない費用になってしまった、ということになりかねません。
そのような事態を避けるために、住宅で何を実現したいのかを明確にし、費用削減と併用できるようにしましょう。

また、規格や標準仕様に従うことも重要な点です。
ローコスト住宅を請け負っている業者の多くは、建材などを大量発注することで経費を削っているため、建材が初めから指定されていることが多いです。
また、規格外の大きさのものを注文してしまうとオーダーメイドとなってしまい、その分費用がかかってしまうため注意しましょう。
ご自身の注文が規格内の大きさかわからない方は、商談の際に業者の方にお問い合わせください。

 

□まとめ

今回は、ローコスト住宅についてと建てる際の注意点について紹介しました。
ローコスト住宅は建築費を抑えられますが、仕様や規格に制限が伴うことを理解したうえで、ぜひ理想の住宅を建築してください。
また、当社では秋田を中心に住宅販売と住宅ローンの相談を行っておりますので、ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

1 2
  • 情報コミュニティ
  • 資産形成学院
  • 東北労働金庫
  • 荘内銀行
  • ハウスジーメン
  • housetec
  • 三協立山アルミ株式会社
  • 住友林業クレスト株式会社
  • YKK
  • 三井住友海上
  • 住設あんしんサポート
  • リリカラ
  • 秋田ケーブルテレビ
  • ABS
  • ランドマーク不動産
  • アート引越センター
  • T-PEC
  • Resta
  • アーク賃貸保証
  • 東部ガス
  • 不動産実務検定
  • 三井住友海上あいおい生命
  • マイベストプロ
  • 住宅アカデメイア
  • 湯雄福祉会
  • 株式会社Neon
  • 宇佐美クリーニング
  • HAVE A NICE DAY!!
  • 美容室・ラナ
  • ぐらん炭
  • 地盤の専門家サムシング
  • LIXIL
  • DECOR BAY FIRST
  • DECOR BAY FIRST
  • DECOR BAY FIRST
  • 鎧ガード工法