家づくりよろず話

スタッフブログ

家づくりよろず話

秋田市にお住いの方で、分譲住宅の購入をお考えの方はいらっしゃいませんか。
しかし、「分譲住宅についてよく分からない」「普通の住宅と何が違うの」といったように、分譲住宅について詳しくは知らない方も多いと思います。
そこで今回は、分譲住宅の利点をご紹介していきます。

 

□分譲住宅の特徴とは?

そもそも、分譲住宅にはどのような特徴があるのでしょうか。
分譲住宅は、あらかじめ決められた形で1カ所に密集して住宅街を形成しています。
郊外に「〇〇ニュータウン」と「〇〇ネオポリス」のような名前のニュータウンの看板や広告を見かけることも多いのではないでしょうか。
それらは分譲住宅である場合が多いです。

住宅を一度にたくさん作って、その中から購入者に選んでもらって売るというのが最大の特徴です。
1つ1つを設計して建てていく物件とは違い、あらかじめ決められた設計の物件であり、大量に密集していることもその特徴でしょう。

 

□利点をご紹介!

次は、分譲住宅にはどのような利点があるのか確認していきましょう。

まず1つ目は、購入前に住宅を確認できることです。
分譲住宅では、すでに完成している住宅を実際に確認してから購入できます。
そのため、日当たりの良さや収納スペースの広さといった生活していく中で重要になってくる要素をあらかじめ確認できるでしょう。
このポイントは、非常に大きな利点だと言えます。

2つ目は、費用が安いことです。
住宅の購入はとても大きな買い物であるため、できるだけ費用を安くしたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。
費用が安いという利点は、こうした意味でも非常に有益でしょう。

そして、あらかじめ費用が分かるということは、予算の立てやすさにも繋がります。
購入に必要な費用を事前に把握していれば、前もって用意しやすいでしょう。

3つ目は、利便性のある生活が送れることです。
一般的に大型の分譲住宅は、もともと畑や田んぼだった土地を造成するために、街中から少し離れた場所に建築することが多い傾向にあります。
そのため、分譲住宅に対し「生活が不便になりそう」といったマイナスのイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

しかし、場合によっては一緒に学校や病院、スーパーといった建物が建設されることもあるため、一概に生活が不便になるとは言えません。
つまり、分譲住宅でも十分に利便性が感じられる日々を過ごせるのです。

 

□まとめ

今回は、分譲住宅の利点をご紹介しました。
特徴としては、あらかじめ決められた設計の物件であり、大量に密集していることが挙げられるでしょう。
本記事でご紹介した3つの利点は、「安心感を得られる」という共通点を持っています。
そのため、「快適な生活環境で安心して毎日を過ごしたい」とお考えの方にオススメです。

「平屋に太陽光発電を設置したい。」
秋田市にお住まいの方で、このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
最近では、家を建てた際に太陽光発電を設置して省エネを意識しているご家庭が増えています。
そこで今回は、平屋での太陽光発電についてご紹介します。

 

□設置するメリット・デメリットとは?

平屋に太陽光発電を設置するメリットとデメリットには、一体どのようなものがあるのでしょうか。

 

*メリットについて

最初に、メリットから見ていきましょう。

まず1つ目のメリットは、メンテナンスが楽なことです。
平屋は2階建てのような一般的な住宅に比べて屋根の位置が低いため、設置も楽になります。
そのため、業者によるメンテナンスも比較的簡単になるでしょう。

屋根に取り付けるため、雨風の影響を受けるパネルのメンテナンスはどうしても必要になってきます。
その際に、大きな足場を取り付ける必要がないという点はメンテナンスの費用を抑えることにもつながるでしょう。

2つ目は、電気代が安くなり、売電もできることです。
太陽光発電は設置費用が高いものの、作った電気を売って収入を得られるといった特徴があります。
標準的な条件で見てみると、約8年から10年くらいで元が取れる計算になるでしょう。
そして20年以上も使用可能であるため、長期にわたって利益が出るといったメリットがあります。

 

*デメリットについて

まず1つ目は、周りの家の影響を受けやすいことです。
平屋は、一般的な建物に比べて高さが低い特徴があるため、周りが2階以上ある建物に囲まれてしまった場合、太陽光発電を設置してもあまり日が当たらない可能性があります。
また、設置する角度や方角にも注意する必要があるでしょう。

2つ目は、設置費用が高いことです。
太陽光発電は、最新技術を駆使していることや屋根の上といった屋外に設置するものであるため、どうしても費用は高くなるでしょう。
しかし、現金一括のみではなく、ローンも組めるためご安心ください。

 

□設置できない平屋の条件!

ここからは、太陽光発電の設置をオススメできない条件をご紹介します。

まず、当たり前のことですが、太陽光発電は屋根に日が当たらなければ発電できません。
先ほど少しお話したように、平屋は2階建てよりも高さが低いため、周囲に高い建物が建ちやすいエリアには要注意です。
特にマンションといった高い建物が建つ可能性があると日当たりが限られてしまい、せっかくの太陽光発電をフル活用できなくなってしまうでしょう。
そのため、平屋の建築時の周辺環境だけでなく、将来どんな建物が建つ可能性があるのかを考慮しておくことが大切になります。

 

□まとめ

今回は、平屋での太陽光発電設置についてご紹介しました。
平屋への太陽光パネルの設置は周りの建物の影響を受けやすいため、慎重に判断して設置する必要がありますが、メンテナンスが簡単なことや設置後の電気代が節約できるといった大きなメリットがあります。
ぜひ平屋を建てる際は、太陽光発電もご検討ください。

新しい家の購入をお考えの方でご近所トラブルについて心配している方はいらっしゃいませんか。
せっかくの暮らしをご近所さんとのトラブルで台無しにしてしまいたくはないですよね。
そんな方にオススメなのが分譲住宅です。
そこで今回は、秋田市の業者が分譲住宅とトラブルの関係について解説します。

 

□分譲住宅はトラブルが起きにくい?

分譲住宅は、他の住種と比べてご近所トラブルを避けやすいと言われています。
では、なぜトラブルを避けやすいのでしょうか。
ここでは、その理由を2つご紹介します。

まず1つ目は、似た考えを持った人たちが集まっているからです。
基本的に家を購入する際は、数ある条件を検討した上で購入の決定をする場合が多いでしょう。
つまり、そこに住むということは、周りの方々も同じ価値観を持っている場合が多いです。

また、似たような家族構成の世帯が多く集まりやすいでしょう。
そのため、トラブルが起きにくいといった特徴があるのです。
そして、他の住宅と比べて円滑にコミュニケーションが取れるため、ご近所さんとも良い関係を築けるでしょう。

2つ目は、新しい人間関係を構築できるからです。
新築の分譲住宅であれば、周りのご家庭も同じ時期に住み始める場合が多いでしょう。
そのため、その地域で0から新しいコミュニティが生まれ、良い信頼関係を築けるでしょう。
そうすると、安心して暮らせる住宅になるのではないでしょうか。

 

□どんなトラブルが起きる?

先ほど、分譲住宅では他の住種と比べてトラブルが起きにくい特徴があるとお話ししました。
しかし、そんな分譲住宅でも全くトラブルが起きないというわけではありません。
そこで、ここからは分譲住宅で実際に起きたトラブルをいくつかご紹介していきます。

やはり、最も多いトラブルは近隣との境界トラブルでしょう。
分譲地といっても、枝のはみ出しや落ち葉のような植栽関係のトラブルが隣家との境界で多く起きています。
分譲地の土はもともと養分が少ないため、植物の最初の成長はゆっくりですが、年数が経つにつれて想定以上に大きくなる場合があります。
枝のはみ出しだけでなく、秋には落ち葉、梅雨明けが遅かった年には樹木に大量の虫がつきやすいため、境界近くの植栽絡みで不快な思いをしている方も多いでしょう。

そのため、枝葉が落ちやすい時期になったら、何度かお隣に挨拶に行ってから敷地に入らせてもらい、はみ出した部分の刈り込みや落ち葉の片付けをさせてもらうといったような工夫をしましょう。

他にも、ペットを飼っているご家庭では、ペット関係のトラブルが起きやすいです。
特に、夜中にペットの鳴き声が大きいと近隣の方には迷惑がかかってしまいます。
このような小さなことが、後に深刻な近隣トラブルに発展する可能性はとても高いです。

そのため、敷地が接している家の方とは、何か気がかりなことがあったら率直に言い合える関係にしておくことが大切になるでしょう。
顔を合わせる機会があれば、少しでもコミュニケーションをとれるように話しかけてみるのも良いでしょう。

 

□まとめ

今回は、分譲住宅とトラブルの関係についてご紹介しました。
分譲住宅では、隣の家との境界やペット関係のトラブルが起きるといった例をご紹介しましたが、他の住宅と比べてトラブルが起きにくいといったメリットがあります。
秋田市での住宅に関するお悩みやご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

秋田市にお住まいの方で、ローコスト住宅をご存じの方はいらっしゃいますか。
ローコスト住宅は、その名の通り「コストを抑えて建てられる住宅」のことで、近年注目が集まっています。
そこで今回は、ローコスト住宅のメリットとデメリットをご紹介します。

 

□ローコスト住宅とは?

ローコスト住宅は、コストを抑えて建てられる住宅のことです。
しかし、なぜ費用を安く抑えられるのでしょうか。

基本的にお家を建てる際は、1軒ずつお客様のご要望に合わせてつくっています。
ご家族の人数やどのような間取りが良いのか、広さはどれくらいが良いのかといったように、さまざまなことを考えてオーダーメイドでお家を設計するため、どうしても材料費や設計費といった多くの費用がかかってしまうでしょう。

一方で、ローコスト住宅ではデザインや間取りを規格化することで、デザイン費や設計費を抑える場合が多いのです。
その他にも、材料や建て方を工夫したり、一気に大量の部品や設備を購入したりするため、必要なパーツにかかる費用も抑えられるでしょう。

 

□メリットとデメリットをご紹介!

ここでは、メリットとデメリットについて確認していきましょう。

 

*メリットについて

まず1つ目は、住宅ローンの負担を軽くできることです。
ローコスト住宅なら毎月の返済金額を小さく抑えられるため、より新しい暮らしを充実させたり、将来のためにお金を蓄えたりできるでしょう。

2つ目は、工期が短いことです。
一般的な注文住宅の場合では、着工から完成・引き渡しまでには4カ月から7カ月程度かかると言われています。
しかし、ローコスト住宅では約3カ月と、短い工期で家を建てられます。
そのため、新居が完成するまでの仮住まいの家賃を節約できるでしょう。

 

*デメリットについて

デメリットは、選択肢や自由度、部材や設備のグレードが低く設定されていることです。
間取りや設備を何通りかのプランの中から選んで組み合わせることが多いため、間取りのレイアウトやデザインの自由度はどうしても低くなってしまいます。
そして価格を抑えている分、部品や設備のグレードも低い場合が多いため、安っぽく見えてしまう場合もあるでしょう。

 

□まとめ

今回は、ローコスト住宅についてご紹介しました。
最大のメリットは低価格でお家を建てられることですが、金銭的な負担を軽くすると同時に、住宅購入という「大きな買い物をする」といった精神的な負担も軽くしてくれるでしょう。
また、購入する際は事前にデメリットについても理解を深めておくことが大切です。

近年では、高品質な建売住宅が多く建てられるようになりました。
しかし、建売住宅の品質に不安がある方もいらっしゃいますよね。
また、物件を購入してから後悔するケースも見られます。
そこで今回は、秋田市の業者が建売住宅の選び方についてご紹介します。

 

□建売住宅とは?

建売住宅とは、土地と建物がセットになって販売されている住宅のことです。
工事の着工前や建築中に販売される場合もありますが、その多くは土地に建物が建っている状態で販売されています。

購入希望者は、実際に土地や出来上がった建物の状態を見てから購入できますが、注文住宅のように自分で建物の構造や間取り、設備、外観のデザインを決められません。
また、自分で土地を探す必要がなく、価格も比較的手が届きやすいことがメリットですが、建築過程が見えにくく、大量に生産・販売されていることが多いため、残念ながら品質にバラツキがある場合があります。
しかし、全ての建売住宅が低品質というわけではなく、安くて質の高い物件も数多く存在します。

 

□選び方について!

では、建売住宅を選ぶ際に後悔しないためには、どのようなことに注目すれば良いのでしょうか。
ここからは、2つのポイントをご紹介します。

 

*要望に優先順位をつける

まずは、ご自身が「ここだけは譲れない」と思う要望をリストアップし、それに優先順位をつけていくことです。
100点満点のお家と出会うことはとても難しく、必ず妥協点は出てきてしまうでしょう。

しかし、このように要望に優先順位をつけておくことで、どの物件が自分の要望を叶えてくれるのかが分かりやすくなります。
そして、こだわりたいポイントをしっかりと押さえられるため、より満足のいく物件を選べるでしょう。
そのため、建売住宅を購入して後悔したくない方には、この方法はとてもオススメです。

 

*環境をチェックしておく

お家を購入する際は、建物だけでなく環境も大切になってきます。
そのため、内見をする際は周辺環境も確認して、家の中ばかりに気を取られないように注意しましょう。
また、その際には以下のことをチェックしてみましょう。

・日当たりや風通し
・前面道路の位置や幅
・ゴミ捨て場
・学校や病院といった公共施設
・臭いや音

特に、日当たりや風通しは心身の健康にも影響します。
ただし、必ずしも南向きのLDKが良いとは限りません。
道路から丸見えで、カーテンが閉めっぱなしになっている家もたくさんあるからです。
また、近くに工務店や工場がある場合は、臭いや音が気にならないかも確認しておきましょう。

 

□まとめ

今回は、建売住宅の選び方についてご紹介しました。
建売住宅とは、土地と建物がセットになって販売されている住宅のことで、安くて質の高い物件がたくさんあります。
また、選ぶ際はご自身の要望に優先順位をつけることや、周辺環境のチェックリストを作り内見の時に確認しておくのがオススメです。

分譲住宅を購入しようと考えている方の中には、「冬に寒くない家が良い」と思っている方は多いのではないでしょうか。
特に秋田市にお住まいの方は強く思っていることでしょう。
そのような住宅を実現するために、断熱材について知っておくと良いでしょう。
そこで今回は、断熱材の役割や種類について解説します。

□断熱材とは

断熱材とは何なのでしょうか。
その役割について紹介します。

断熱材とは、家の中の気温を一定に保つための材料です。
つまり、家の中の気温が屋外の気温に影響されないための材料と言えるでしょう。
室内の温度を外に出さず、屋外の温度を室内に入れないというように温度の交換を抑制します。

住宅の断熱性能が悪い場合、どのようなことが考えられるでしょうか。

冬場は寒い屋外の気温に影響されてすぐに屋内の気温も下りますので、室内で快適に過ごすためには、その分暖房を機能させる必要があります。
そのため、光熱費がかさむでしょう。
夏場は反対のことが言えるため、冷房を使う費用がかかります。
断熱材を導入することで、光熱費を節約できるでしょう。

□断熱材の種類とは

それでは、断熱材にはどのような種類のものがあるのでしょうか。

1つ目に、鉱物系のものがあります。
この中でも、代表的なものとしてグラスウールを使用する断熱材は、日本をはじめとして諸外国でも最も普及しているものと言えます。
グラスウールとは、ガラスを繊維状に加工したものです。
不燃性材料として認められており、極めて燃えにくいことがメリットとして挙げられるでしょう。

2つ目に、石油系のものです。
代表的なものとして、ポリウレタンやポリスチレンを使うものがあります。
前者は断熱性に優れており、日本でも外張り断熱を施工する際には定番の材料でしょう。
このタイプで使用される材料自体に不燃性はありませんので、添加剤を加えることで難燃性を上げることがあります。

3つ目は、自然系のものです。
この中で最も普及しているのはセルロースを使用したもので、最近ではウールを使用したもの使われるようになっています。
セルロースとは、古紙を繊維になるまで細かくしたものと言えるでしょう。
断熱材としての役割に加えて、防音性能が優れていることが特徴です。

このように、断熱材には様々な種類があります。
家の断熱性能を高めて、寒さや暑さに備えましょう。

□まとめ

今回は秋田市にお住まいの方に向けて、断熱材の役割や種類について解説しました。
冬に寒い地域において、住宅の断熱性能を考えることは非常に重要でしょう。
本記事に記載したことを参考にして、快適な我が家を手にしていただければ幸いです。
当社には寒い地域を熟知した専門家が所属していますので一度ご連絡ください。

分譲住宅を購入する際、何を考えて住宅を選びますか。
費用や住みやすさなど、人によって条件は様々であると思います。
実は住宅を選ぶ際には、日当たりを考えておくことが重要であるとご存じでしょうか。
そこで、分譲住宅を選ぶ際の日当たりの重要性について、秋田市の専門業者が解説します。

□日当たりが悪い影響とは

日当たりが悪いことは、暮らす上で影響がありますので解説します。

まず、カビが増殖する環境を作ってしまい、衛生上良くないことが挙げられます。
日当たりが悪いと、濡れているところがいつまで経っても乾燥しません。
このように湿気が多いところでは、カビが繁殖しやすいと言われています。
人によっては、カビが原因となりアレルギーを発症してしまう方もいますので、日当たりは重要でしょう。

次に、光熱費がかかるという影響があります。
特に冬場は、日当たりが悪い住宅では日中に気温が上がりませんので、その分暖を取るために暖房を付ける必要があるでしょう。
そのため、比較的に光熱費が高くなります。

他にも日当たりが悪いことにより、人によっては生活リズムを失ってしまう方もいます。
人の身体は、太陽の光を浴びることで正常なリズムを保てます。
日が当たらないと朝起きてからずっと眠いままだったり、夜にベッドに入ってもなかなか眠れなかったりすることがあるでしょう。
規則正しい生活が送れないと、ストレスが溜まってしまい精神的にも良くありません。

□方角による日当たりについて

日当たりが重要であることは分かりました。
しかし、太陽は常に同じところに止まってはいないでしょう。
そのため、日の当たり方も常に変化します。
住宅の向きによる日当たりについて押さえておくことは重要です。

まず東向きの住宅は、朝に日が当たることが特徴的です。
すっきりと目を覚ましたい方にはおすすめできるでしょう。
逆に西向きでは、朝ではなく、昼から夜にかけて長時間日が当たります。
冬場の夕方でも、他の方角よりも比較的暖かいでしょう。

南向きの住宅は、一日を通して日が当たります。
そのため、冬場でも比較的暖かいと言えますが、夏は日が強すぎると感じることもあるでしょう。
北向きは、最も日当たりが少ない向きと言えます。
南向きは価格も高く、北向きは安く設定されてある場合が多いです。

□まとめ

今回は秋田市の専門業者が、分譲住宅を選ぶにあたり、日当たりが重要であることについて解説しました。
日当たりが悪いと様々な影響が出ることが分かりました。
紹介したことを家を選ぶ際の参考にしてください。
当社は、分譲住宅を取り扱っておりますのでご連絡ください。

秋田市にお住まいで、新しい住宅に住みたいと考えている方はいらっしゃいませんか。
「新築を買うだけのお金がない」と思っている方もいるかもしれません。
住宅には様々な種類がありますが、そのような方は分譲住宅についてご存じでしょうか。
今回は、分譲住宅のメリットやデメリットについて紹介します。

□分譲住宅のメリットとは

分譲住宅のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。
以下に紹介しますので見ていきましょう。

1つ目は、購入する前に実際の住宅を見られることが挙げられます。
すでに建っている建物を見学すれば、実際に生活することをイメージしやすく、購入する前と後のギャップが小さいと言えます。
注文住宅の場合は、実際に住んでみないと快適なのかどうかが分からないため、住宅を購入した後に後悔する点を発見する方も多いのが事実です。
分譲住宅をお考えの際は、事前の見学を入念に行いましょう。

2つ目は、安価であることです。
新居を考えている方は、お金に余裕がある方ばかりではないでしょう。
子育て中のご家族は、これからお子様の養育費も考える必要があり、住宅はできる限り安く抑えたいはずです。
そのようなお客様にとっても、分譲住宅の購入は費用対効果の高いお買い物となることでしょう。

3つ目は、利便性に優れていることです。
分譲住宅によっては、学校やスーパーが近くに位置していることがあります。
そのため、「新しい家に引っ越したけど、近くに何もない」というような悩みにさいなまれる心配もありません。
実際に購入する前に、近くに何があるのかを確認しておきましょう。

□分譲住宅のデメリットとは

分譲住宅には多くのメリットがあることが分かりました。
それでは、デメリットには何があるのでしょうか。

1つは、間取りや外観が選べないことが挙げられます。
すでに建っている住宅を購入するため、自由度は低いと言えます。
できるだけ自分の要望に合致した住宅を探すことが重要となるでしょう。

2つ目は、住宅会社を選べないことです。
住宅を購入する際は、住宅会社を選ぶことも重要なポイントでしょう。
住宅会社によってサービスの内容が異なるからです。
分譲住宅を購入する際は、住宅を選べたとしても、施工した会社は決まっています。

分譲住宅には以上のようなデメリットもあります。
お客様が本記事を参考にして、理想の住宅に出会えることを願っています。

□まとめ

今回は秋田市にお住まいの方に向けて、分譲住宅のメリットやデメリットについて紹介しました。
新しい家に住みたいけどお金が心配だと思っている方は、一度分譲住宅を検討してみてはいかがでしょうか。
紹介したデメリットを参考にして、お客様の要望と一致するかを考えると良いでしょう。
不安な方は当社にご連絡ください。

秋田市にお住まいで、分譲住宅の購入を検討している方はいらっしゃるでしょう。
分譲住宅はすでに建ててあるため、実際に見学できるのが良いですよね。
しかし、見学する際にどこを重視してみたら良いかが分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、分譲住宅を見学する際のポイントについて紹介します。

□見学で何を考えるのか

分譲住宅を見学に行く際は、どのようなことを考えるでしょうか。
ただ何となく家を見て、住みやすいか住みやすくないか考えているだけではもったいありません。

家族構成や生活のスタイルを考えながら見学することが大切です。
実際に住んだらどのように使うのか、生活の動線を考えた時に快適かを考えましょう。
そのためにも、自分の生活を見つめ直し、新居には何を求めるのかを明確にしておきましょう。

一度の見学で気に入ったとしても、すぐに購入を決断するのではなく、検討を重ねましょう。
例えば日当たりに関して言うと、時間帯によって全く違いますし、外の交通量も昼と夜とでは全く異なるでしょう。
そのため、気になった物件は複数回足を運ぶのをおすすめします。

□見学で見ておくべきポイントとは

それでは、具体的に見ておくべきポイントについて解説していきます。

まず水回りを見ておきましょう。
水回りは家族全員が毎日欠かさず使用する機能です。
そのため、水回りが合っていないとストレスになることは間違いないでしょう。
キッチンの広さや浴室の使い勝手、トイレの位置などを押さえ、快適に過ごせるのかを考えましょう。

次に窓の位置について確認しましょう。
窓の位置は、家の中の日当たりに関係するため非常に重要な項目です。
先ほど紹介したように、日当たりは時間や季節によって異なりますので注意してください。
また、掃除のしやすい位置に窓が設置されてあることも見ておくと良いでしょう。

他には、防犯対策についても見ておくと良いです。
庭先の樹木やフェンスの役割はデザインを良くするだけではありません。
外からの視線を遮るものとして機能しています。
その他、空き巣の足掛かりになるような段差がないかなどを確認しましょう。

さらに、収納が十分にあることも快適に過ごせる要因となります。
分譲住宅で収納が少なすぎるところへ引っ越した方は不満の声が上がりやすい傾向があります。
コンセントが十分にあるかどうかや、駐車場は余裕を持っているかなども確認しましょう。

新居で快適に過ごせるように、特に見ておくべきポイントを紹介しました。
紹介したことを参考にしてみてください。

□まとめ

今回は、秋田市にお住まいの方に向けて、分譲住宅を見学する際に気をつけるべきポイントを紹介しました。
分譲住宅は見学できるのがメリットの1つなので、そのメリットを十分に活かしてお客様が納得する住宅選びを行いましょう。
当社では、分譲住宅を取り扱っておりますので、気になる方はぜひ一度ご相談ください。

「雪国に住んでいるけど平屋に憧れる」「雪下ろしが面倒くさい」
秋田市にお住まいで、このように考えている方はいらっしゃいませんか。
雪国特有のお悩みを解決するには、その地域に特化した専門家でなければノウハウは持っていませんよね。
今回は、雪国で平屋を選ぶ際に知っておきたいことを解説します。

□平屋を選ぶ際に気をつけるべきポイントとは

まず一般的に言われている、平屋を建てる際に注意すべきポイントを紹介します。

最初に紹介するポイントは風通しと日当たりに気をつけることです。
平屋でこれらを確保することはより難しくなります。
風通しを良くするには、複数の窓を対にして設置すると良いでしょう。
日当たりについては、過ごす時間の長いリビングなどの部屋に最も日当たりの良い方角に向くような間取りにすることをおすすめします。

屋根の断熱を工夫することも重要です。
特に積雪する地域では屋根に雪が積もることもあるでしょう。
その場合に屋根を通して室内の温度が奪われるかもしれませんので注意が必要です。

他にも、同じ床面積の2階建て住宅よりもコストがかかる場合が多いことが挙げられます。
これは平屋の方が、基礎工事を行う面積が広いことに起因します。

また、平屋の場合、家族間でのプライバシーに気を配る必要もあるでしょう。

雪国で平屋を建てる際は、どのような注意点があるのでしょうか。
積雪を想定して玄関先が埋もれないよう工夫をする必要があります。
例えば、基礎の高さを高くすることが挙げられます。

今人気の平屋の特徴として、窓が大きいことがあります。
しかし、積雪する地域では相性が悪いと言えるでしょう。
軒を設けて雪対策を行う工夫をしたり、断熱材に力を入れたりしましょう。

□屋根の工夫とは

積雪する地域では、屋根に雪が積もった際に雪を下ろす必要があるでしょう。
しかし、屋根によって雪下ろしをしなくても良いものもあるので紹介します。

まず、二方向に雪を落とすように設計されたものとして切妻屋根と差掛け屋根があります。
前者はよく三角屋根と呼ばれているもので、後者は二方向の屋根に高低差があるものです。
後者は二方向で落雪の量をコントロールできることが特徴ですが、コストが高くつくこともあるでしょう。

片側に雪を落とすように設計された、片流れ屋根もあります。
これは三角屋根の片方の屋根しかないような見た目をしています。
一方向のみに落雪できることが特徴です。
使用しない土地に雪を落とせれば、雪かきをする必要もなくなるでしょう。

無落雪屋根もあります。
文字通り雪を落とさず屋根に溜め、溶けた雪を地面に流す設計となっています。
そのため、土地が狭い住宅でも導入しやすいでしょう。
ただし、雪を溜めるために住宅は強い構造にする必要があります。

□まとめ

今回は、秋田市にお住まいの方に向けて、平屋を選ぶ際に気をつけたいポイントについて紹介しました。
屋根によって雪下ろしをする手間が省けることも分かりました。
当社では、雪下ろしをしない住宅も扱っておりますので、気になる方はご連絡ください。

1 2 3
  • 情報コミュニティ
  • 資産形成学院
  • 東北労働金庫
  • 荘内銀行
  • ハウスジーメン
  • housetec
  • 三協立山アルミ株式会社
  • 住友林業クレスト株式会社
  • YKK
  • 三井住友海上
  • 住設あんしんサポート
  • リリカラ
  • 秋田ケーブルテレビ
  • ABS
  • ランドマーク不動産
  • アート引越センター
  • T-PEC
  • Resta
  • アーク賃貸保証
  • 東部ガス
  • 不動産実務検定
  • 三井住友海上あいおい生命
  • マイベストプロ
  • 住宅アカデメイア
  • 湯雄福祉会
  • 株式会社Neon
  • 宇佐美クリーニング
  • HAVE A NICE DAY!!
  • 美容室・ラナ
  • ぐらん炭
  • 地盤の専門家サムシング
  • LIXIL
  • DECOR BAY FIRST
  • DECOR BAY FIRST
  • DECOR BAY FIRST
  • 鎧ガード工法