家づくりよろず話

スタッフブログ

家づくりよろず話

 

建売住宅をお考えの方で、住宅ローン選びにお困りの方はいらっしゃいませんか。

 

 

今回は、住宅ローンの種類や選ぶ際の注意点についてご紹介します。
秋田で住宅の購入をお考えの方はぜひ参考にして下さい。

 

 

□住宅ローンの種類とは

住宅ローンにはいくつか種類がありますが、ここでは3種類をご紹介します。

 

 

*民間銀行ローン

民間金融機関での住宅ローンは金利によって分かれています。
主な金利タイプは3つです。

 

1つ目は全期間固定金利型です。
このタイプは、住宅ローンの金利が終始変わりません。

 

2つ目は、変動金利型です。
このタイプでは半年ごとに金利の修正があり、5年ごとに返済額も見直されます。

 

3つ目は固定金利型です。
これは、一定期間住宅ローンの契約時の金利で固定されるものです。

民間銀行の住宅ローンは金利タイプの選択肢が多いです。
そのため、柔軟に返済計画を立てたい方は民間銀行ローンをおすすめします。

 

 

*フラット35

フラット35は民間融資と公的融資の中間だと言えるでしょう。
民間銀行が融資する住宅ローンを住宅金融支援機構が買い、証券化することで投資家に転売しています。

 

全期間固定金利であり、繰り上げ返済手数料もかからないことが特徴です。
金利が上がらないため、安心して返済を進められるでしょう。

 

 

*財形住宅融資

これは、勤め先の会社で財形貯蓄を1年以上継続しており、残高が50万円以上の場合に利用できます。
借入時の金利は5年間固定で1%前後です。

 

財形貯蓄の10倍まで融資を受けられ、上限は4000万円です。
民間融資などと併用できるため、財形貯蓄をしている方は勤務先に確認しましょう。

 

自分のライフプランに合った住宅ローンを選ぶために、まずは金融機関の窓口で返済計画をシミュレーションすることが大切です。

 

 

□住宅ローン選びの注意点とは

 

 

 

続いて、住宅ローンを選ぶ際の注意点を2つご紹介します。

 

1つ目は、諸費用を総合的に考えることです。
住宅ローンを借りる際は、保証料や手数料といった諸費用がかかります。
複数のローンを比較する際は、これらの諸費用を個々に検討するのではなく、総合的に考えましょう。

その理由は、金融機関の中にはそれほど保証料が高くなくても、手数料がそれ以上にかかる場合があるからです。

また、諸費用が安い場合でも、金利を含めた全体の金額は高くなる可能性もあります。

 

 

2つ目は、金利タイプは今後の生活を考えて選ぶことです。
金利が低ければ低いほど良いとお考えの方もいらっしゃるでしょう。
しかし、今後金利は大きく変動することも考えられます。

 

そのため、今の金利だけでなく、ご自身の現状や生活を踏まえて選ぶことが大切です。

今後の返済総額を確定させて返済計画を立てたいという方は、長期固定金利のフラット35がおすすめです。

 

また、できるだけ早く返済を終えたいという方は、固定金利よりも金利が低い変動金利が良いでしょう。

 

 

□まとめ

 

今回は住宅ローンの種類や選ぶ際の注意点について解説しました。

 

クリエイトホームズではお客様に合った金融機関をご提案させていただきます。
住宅ローンでお悩みの方はぜひ当社にご相談ください

 

__________________________________________________________________

省エネ住宅ってどのような住宅なのだろう」

 

 

建売住宅をお考えの方で、このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
今回は、省エネ住宅の今後省エネ住宅の要素についてご紹介します。
秋田で住宅の購入をお考えの方は参考にしてみてください。

 

 

省エネ住宅の今後とは

 

 

今後、省エネ住宅は一般化する可能性が高いです。
その理由は、2020年までに新しく建てる注文住宅の過半数をネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)にすることがまだ達成されていないからです。

これから先、注文住宅や建売住宅に関係なく、ZEHに対応する住宅は増えていくでしょう。

 

 

省エネ住宅の要素とは

 

 

省エネ住宅とはどのような住宅なのでしょうか。
続いて、省エネ住宅の要素をご紹介します。

 

*断熱性能や気密性能

断熱性能を向上させるには、壁や床、窓を通して熱が移動しにくくなるよう工夫をする必要があります。
例えば、夏の場合はクーラーによって冷やされた空気を外に逃がさない、外の熱い空気を中に入れないようにするということです。

 

気密性能を高めるには、室内の温度を維持できるようにできる限り隙間を無くすことが大切です。
しかし、完全に隙間をなくすと室内の空気の循環が悪くなるため、ある程度の換気量を確保する必要があります。

 

 

*日射遮蔽

部屋の気温が上がる要因には、外気の温度以外に窓から差し込む日の光が挙げられます。
冬は日差しを取り込めれば暖かくなりますが、夏にさらに暑くなっては困りますよね。

夏はエアコンの効果を持続させ、エネルギーを節約するためにも、日射を遮って室内の温度上昇を抑えることが大切です。

 

*一次エネルギー消費量

UA値一次エネルギー消費量という言葉をご存知の方はいらっしゃいますか。
これは省エネ住宅を考える上で、必ず聞く言葉です。

 

UA値とは、外皮平均熱貫流率とも言い、断熱性能を示す単位です。
この数値が小さければ熱が伝わりにくく、大きければ伝わりやすいことを示します。

 

一次エネルギー消費量とは、電気やガスなどのエネルギーの使用量を石油や石炭、原子といった資源に換算したものです。

単位は熱量を表すJ(ジュール)です。
設備機器のエネルギー消費量は一次エネルギー消費量として表されます。

 

 

まとめ

今回は省エネ住宅の今後や、省エネ住宅の要素について解説しました。

これから家を買うという方は省エネという観点から住宅を選んでみてはいかがでしょうか。
この記事が新築を購入する際の参考になれば幸いです。

建売住宅をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが断熱性能の重要性です。

 

 

しかし、エアコンがあるから断熱性能は気にしなくて良いと思う方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は断熱性の重要性や断熱材のチェックポイントについてご紹介します。
秋田で住宅の購入をお考えの方は参考にしてみてください。

 

断熱性の重要性について解説

 

 

夏は暑く、冬は寒いという特徴は日本の四季が持つ魅力の1つです。

暑すぎたり、寒すぎたりすると温度調節のためにエアコンを使うことがあるでしょう。

 

しかし、それらに頼りすぎるのは経済的ではありません。

最近の住宅は断熱性能が向上し、夏は涼しく冬も暖かく過ごせる工夫がされています。
断熱性能を向上させる断熱材は、住宅の快適さを決める要素と言っても過言ではないでしょう。

 

 

断熱材のチェックポイントとは

続いて、断熱材を確認する際のポイントを3つ紹介します。

 

 

1つ目は床材の断熱材です。

建設中の住宅においては、床材の施行途中か床下の断熱材の施行完了後に確認する必要があります。
しかし、床下にもぐる必要があるためご自身で完璧に確認することは困難でしょう。

 

既に完成した物件や中古物件の場合は、床下点検口から覗いて確認しましょう。
懐中電灯で照らすと分かりやすいでしょう。

 

この方法で確認できるのは限られた範囲のみです。
もっと広い範囲を確認したい場合は、専門家に住宅診断を依頼しましょう。

 

 

2つ目は小屋根裏の断熱材です。

この部分も点検口から確認しましょう。
小屋根裏は床下に比べて点検口から広い範囲を確認できます。

見える範囲で、断熱材が隙間なく、綺麗に敷き詰められているかをチェックしましょう。
隙間が多い場合は断熱性能が落ちるため、設置し直す必要があります。

 

 

3つ目は外壁内の断熱材です。

建設中であれば、壁下地材を加工する前にチェックできます。
このとき、外部に接する部分に隙間なく断熱材が敷き詰められているかを見ましょう。

 

完成した物件や中古物件の場合は、天井点検口から覗いたり、小屋根内部に入って調べたりすると上端を見られる可能性があります。
どうしても心配な方は、専門家に赤外線カメラで調べてもらう方法もあります。

 

まとめ

 

今回は断熱材の重要性や断熱材のチェックポイントについて解説しました。
気温の急激な変化は熱中症ヒートショックの原因となります。

 

断熱性能の高い家に住むことでそういったリスクを減らせるでしょう。
この記事を参考に断熱性の高い建売住宅を検討してみてはいかかがでしょうか。

 

新居をお探しの方に選択肢の1つとして考えていただきたいのが、分譲住宅です。

 

 

 

 

はじめて住宅を購入される方の中には、分譲住宅の購入の流れについて気になっている方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は分譲住宅の購入の流れについてご紹介します。
秋田で新居をお探しの方は参考にしてみてください。

 

分譲住宅とは

分譲とは「分割譲渡」の略です。

 

 

つまり分譲住宅とは、土地を分割して一戸ずつ販売している住宅を指します。

分かりやすい例としては建売一戸建ての分譲住宅があります。

皆さんも広い土地に同じようなデザインの家が並んでいるのを見たことがあるのではないでしょうか。
ハウスメーカーは広い土地を区切って、複数の住宅を建て「土地付き一戸建て住宅」として販売しています。

 

分譲住宅購入の流れについて解説

 

 

 

住宅を購入する際には全体の流れを把握しておくことが大切です。
ここでは、分譲住宅の購入の流れを3段階に分けて説明します。

 

*契約まで

はじめに、契約までの流れを4段階でご紹介します。

 

 

1つ目は資金計画を立てることです。
住宅購入では、土地や建物の他にも家具やインテリア、引っ越しなどに様々な費用がかかります。
そのため、ローンの返済も含め長期的な資金計画を立てた後に物件を選びましょう。

 

 

2つ目は情報収集です。
どの地域に住みたいか、またその地域での分譲住宅の相場はどれくらいか調べましょう。
不動産会社や不動産会社の検索サイトを利用すれば、地域や沿線、間取りによって大体の価格が分かります。

 

価格は、土地を買うか、すでに建っているものを購入するかによっても変わります。
どちらが良いか迷う場合は、建売住宅を見学したり、注文住宅の展示場を訪れたりすると良いでしょう。
説明会で実際にスタッフに聞いてみる方法もあります。
いろいろな情報を収集しているうちに、希望も定まってくるでしょう。

 

 

3つ目は物件を絞ることです。
エリアごとの情報や気になる物件を見つけられたら、次は絞り込みを行います。
家族とも相談して周辺の環境や交通の便を考慮して選びましょう。

結論がなかなか決まらない可能性もあるので、時間に余裕を持っておくと安心です。

どうしても決まらない場合は、不動産会社にも相談してみましょう。

 

 

4つ目は購入の申し込みです。
この段階から契約が始まるため、後悔しないように決めましょう。

ローンを利用する場合は購入前に審査を受けておき、どれくらい借りられるのか調べておくと安心です。
そして資金計画に無理がないか不動産会社にも確認してもらい、自分に合う金融機関を選択しましょう。

 

*契約から残金決済まで

この段階で必要な手続きは4つです。

 

 

1つ目は契約です。
物件に関しての重要事項説明書や契約書が取り交わされるため、申込者や家族は内容をしっかり確認しておきましょう。
契約時に手付金を支払うと契約が開始されますが、もし買い手の都合で売買を取りやめる場合は、手付金を放棄することになります。
また、契約から一定期間が経ってから解約する場合は違約金が発生するため、事前に契約内容を確認するなど注意が必要です。

 

 

2つ目は、住宅ローンの申し込みと契約です。
金融機関の審査を受け、本審査で問題がなければ金融機関とローン契約が結べます。

 

 

3つ目は建物の確認です。
現場監督と担当営業者の立会いの下、完成した建物に問題がないかチェックしましょう。

 

 

4つ目は決済で、購入価格から手付金を除いた残金を全て払えば、引き渡しとなります。

 

*引き渡しから入居まで

 

 

決済が完了すれば、引っ越し入居となります。
鍵を受け取り、不動産の所有権を司法書士に移転してもらえば完了です。
引っ越し時には、建て付けの状態や建具を確認して不具合がないことを確認しましょう。

引っ越し業者には日にちを伝えておき、当日スムーズに運んでもらえるよう手配しましょう。
オプションを利用する場合は、事前に相談が必要です。

 

まとめ

 

今回は分譲住宅とは何かと購入の流れについて解説しました。
この記事を参考に、分譲住宅の購入の際には効率良く手続きを進めましょう。

 

__________________________________________________________

 

秋田で新居をお探しの方はいらっしゃいませんか。

 

 

新居を選ぶ際はいろいろな選択肢があり、その中の1つが分譲住宅です。
そこで今回は分譲住宅のメリットや選ぶ際の注意点についてご紹介します。

 

分譲住宅のメリットとは

分譲住宅とは、土地を分け一戸ずつ売られている住宅を指します。

 

ここでは分譲一戸建て住宅のメリットについてご紹介します。

分譲一戸建て住宅は住まいの土台から作っていく注文住宅とは違い、完成した住居に住むこととなります。

 

 

スピーディーに住み始められる点がメリットであり、なるべく早く住みたい方にはぴったりでしょう。

また、分譲一戸建ての場合はモデルハウスを建てて紹介していることが多いです。
イメージを掴んでおくためにも、ぜひ一度見学に行くことをおすすめします。

 

分譲住宅を選ぶ際の注意点とは

 

分譲住宅のメリットについてお分かりいただけましたか。
それでは、実際に分譲住宅を選ぶ際はどこに気を付けたら良いのでしょうか。

 

 

選ぶ際の注意点を2つ紹介します。

 

 

 

1つ目はアフターサービスについて確認することです。

 

 

購入前に念入りにチェックしていたとしても、住み始めてから不具合が起きる可能性があります。
もし不具合が出た際に、アフターサービスが受けられないと困りますよね。
そのため、アフターサービスの有無だけでなく内容も確認しておきましょう。

 

2つ目は周りの環境も確認しておくことです。

 

 

どうしても住宅に関する面が重視されがちですが、周りの環境にも目を向けることが大切です。
近くに病院があるか、駅からの距離はどうか、お子様が安全に通学できるかといったことを、実際の暮らしをイメージしながら確認しましょう。

 

このチェックがあるか無いかで、今後の住みやすさが大きく左右されます。
分譲住宅を中心に学校やスーパーが増えることもあるため、建設予定も調べておくと良いでしょう。

 

また、夜の環境も確認しておく必要があります。
昼間の明るい時間にモデルハウスを訪れた際は好印象を受けたとしても、夜になれば雰囲気が全く違うこともあります。
特にお子様がいらっしゃるご家庭では、夜道が安全かどうかといった視点でも確認することが大切でしょう。

 

まとめ

今回は分譲住宅のメリットや選ぶ際の注意点について解説しました。
分譲住宅は早く住み始めたいとお考えの方にはぴったりです。

 

今回ご紹介した注意点を参考に、後悔のない選択をしましょう。
これを機に、新居を考える上で分譲住宅を選択肢の1つにしてみてはいかがでしょうか。

 

 

______________________________________________________________

 

マイホームに憧れを持つ方はきっと多いでしょう。

 

 

お家の購入を考え始め、雑誌やインターネットなどで情報を集めると、有名な注文住宅と高確率でよく比較されているのが「建売住宅」です。

 

そこで今回は、秋田の専門店が建売住宅の意味とその魅力をご紹介します。
お家を購入しようとお考えの方はぜひお役立てください。

 

 

建売住宅の魅力とは?

 

 

建売住宅は、土地と建物がセットになって販売されている住宅です。
注文住宅の場合、まずは土地を探して、その後建築士と打ち合わせを行い、ご自身の希望通りの間取りや外観を決定することが多いでしょう。

 

しかし、建売住宅の場合は、建築が開始している物件または完成物件を土地とセットで購入することになります。

わかりやすい言葉で例えるなら、注文住宅はオーダーメイド、建売住宅は既製品といったイメージになります。

そして、建売住宅の魅力は大きく分けて2つあります。

 

*建物が安い

 

 

建売住宅は、注文住宅と比べて建物の金額が安いことが多いです。
なぜなら、建売住宅は注文住宅のように何度も打ち合わせをしたり、特殊な建築部品を使用したりすることが少ないため、その分の人件費資材コストを抑えられるからです。

*好立地が見つかる場合がある

 

 

注文住宅の場合は自分で土地を探すため、当然ながら公開されている物件の中から選ぶ必要があるでしょう。

しかし、建売住宅では、建物が市場に出回る前に土地の情報を売主が取得しているケースが多いのです。
そのため、好立地の物件が見つかりやすいと言えるでしょう。

 

 

どんな方にオススメ?

 

 

では、建売住宅はどんな方にオススメなのでしょうか。

 

まずは、予算を抑えて物件を購入したい方にオススメです。
注文住宅と比べて、建売住宅はすでに間取りや外観が決められているため自由度は低くなります。
しかし、一度に資材を大量に調達するといったさまざまな工夫によって、建築費用を安く抑えているのです。
そのため、住宅にあまり費用をかけられない方にピッタリでしょう。

 

次は、すぐに入居したい方です。
建売住宅であれば、契約から入居までの期間が短いというメリットがあります。
すでに出来上がっている住宅、あるいは建築計画がしっかり立てられている住宅を購入することになるため、「できるだけ早めに引っ越しを完了させたい」とお考えの方に向いていると言えるでしょう。

 

まとめ

 

今回は、建売住宅の意味や魅力についてご紹介しました。
建売住宅への理解が深まったでしょうか。

 

今回の記事を通して、建売住宅の魅力がお伝えできれば幸いです。
これから住宅を購入しようとお考えの方は、ぜひ建売住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ローコスト住宅に興味のある方はいらっしゃいませんか。

「家を建てたいが、あまり費用をかけられない」

 

 

このようにお考えの方に、ローコスト住宅は特にオススメです。
しかし、費用が抑えられる代わりにいくつか注意点があります。
そこで今回は、秋田の業者がローコスト住宅注意点をご紹介します。

 

ローコスト住宅って何?

 

 

そもそもローコスト住宅がどのようなものかご存じでしょうか。
これは一般歴な注文住宅と比べて、安い価格で建てられる住宅のことです。

 

フルオーダーの注文住宅はゼロからご自身で考えて設計する場合が多いですが、ローコスト住宅では、間取りや内装・設備などがすべて決まっており、いくつかのプランの中から選ぶ場合がほとんどです。
そのため、その分自由度は低くなってしまいますが、限られた予算の中でお家を建てたい方にはピッタリでしょう。

 

*ローコスト住宅が安い理由

 

ところで、なぜローコスト住宅は費用を抑えられるのでしょうか。

これだけ費用を抑えられると、品質に不安を感じる方もいらっしゃると思います。

 

しかし、ローコスト住宅の安さは「材料費人件費広告宣伝費プラン」の4つのポイントを徹底的に見直すことで実現しています。

 

注意点をご紹介!

 

 

費用を抑えられることが最大の魅力ですが、注意点があることを忘れてはいけません。
ローコスト住宅を建てる際に最も気をつけなければならないことは、結局全部でいくらお金がかかるのかという点です。

 

たとえ、広告で「1000万円」や「800万円」などと記載されていても、実際にはそれ以上の費用がかかるといったケースが非常に多いのです。
そのため、本当にそれだけの費用で足りると思って予算を考えていると、予算オーバーになってしまい大変な思いをするかもしれません。

 

実際に住めるお家にするためには建物を建てるだけではなく、地盤改良費や外構工事、水道や電気といったインフラの設備費用なども発生します。

 

さらに、税金や各種の手続きにかかる費用も考慮する必要があります。

そのため、費用の安さだけにとらわれず、実際にどのくらいのお金がかかってくるのか、購入を決断する前にしっかりと検討しましょう。

 

まとめ

 

今回は、ローコスト住宅の注意点をご紹介しました。
ローコスト住宅と聞くと、品質や安全面に不安を抱く方も多いですが、このコストカットは専門店の努力によって成り立っています。

 

安いからといって必ずしも質の悪い家とは言い切れません
ローコスト住宅について何か不安な点がある方は、気軽に当社までご相談ください。

 

——————————————————————————————–

秋田にお住いの方で、建売住宅についてお考えの方はいらっしゃいませんか。
注文住宅と比べて価格がお手頃なイメージのある建売住宅ですが、よく検討をせずに購入してしまい、後悔している方も少なくありません。
そこで今回は、建売住宅の失敗例をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□建売住宅とは?

 

建売住宅の失敗例をご紹介する前に、まずは建売住宅についてもう一度理解を深めていきましょう。
そもそも建売住宅とは、土地と建物がセットで販売されている住宅のことです。
建物は、建築前・建築中・建築済みといったように、さまざまな段階で販売されます。
そして、間取りや仕様が最初から決まっている点が特徴でしょう。

 

□建売住宅の失敗例をご紹介!

 

建売住宅について再確認できたところで、さっそく失敗例を見ていきましょう。
ここでは大きく分けて2つの例をご紹介していきます。

 

*欠陥住宅だった

建売住宅を購入してから後悔する理由の1つに、建物が欠陥住宅だったというものがあります。
これは大きなショックを受けますよね。

例えば、購入した当初は平気だったが、しばらく経過してから異常な湿気と臭いが気になり調べたところ、床下が漏水していた場合があります。
また、2階の部屋があまりに寒かったため屋根裏を調べると、断熱材がほとんど入っていなかったといった失敗例もあります。
他にも、建築中の物件の現場見学に行ったところ、柱の構造金物が固定されていなかったり、防水シートが破れているにもかかわらず、そのまま外壁を貼り付けられたりするなど、さまざまな問題が起きています。

もちろん当社では、そのような欠陥がないよう細かく確認をしていますので、ご安心ください。

 

*周辺環境の大きな変化

建物の周辺環境の変化も、失敗例に関わっています。
建物の購入後、数年のうちに周辺環境が変わってしまうことはどこにでもあり得ることでしょう。
そのため、この失敗例は誰にでも起こる可能性があります。

まず最も多い例として、目の前に高層マンションが建築されたといった例があります。
こうなってしまうと、住宅の日当たりや風通しが悪くなることが考えられますよね。
洗濯物が乾きにくくなったり、お部屋全体が暗くなったりとさまざまな不便が出てきてしまうでしょう。

 

□まとめ

 

今回は、建売住宅の失敗例をご紹介しました。
失敗例を事前に知っておくことは、ご自身の家づくりを成功させる大切なポイントになります。
建売住宅を購入する際は、価格の安さだけで購入を決めるのではなく、どんな失敗例があるのか把握し、しっかりと検討してから決断しましょう。

 

秋田でお家を建てようとお考えの方はいらっしゃいませんか。
実は近年、「ローコスト住宅」が注目を集めています。
しかし、費用が安い分、住宅の安全性に不安を抱いている方も多いでしょう。
そこで今回は、ローコスト住宅の安全性についてご紹介します。

 

□ローコスト住宅とはどんな住宅?

 

ローコスト住宅とは、その名前の通り一般的な住宅に比べて、住宅コストを抑えて建てられる住宅のことです。
この最大のメリットは、何といっても費用を抑えられる点でしょう。
「お家を建てたいが、貯蓄がない」、「子供の養育費のためにお金を貯めたいから、家にかけられるお金は限られている」といった方々でも、ローコスト住宅であればマイホームにかける費用は抑えられます。
そのため、限られた予算の中で一戸建てを建てたいとお考えの方には、ピッタリでしょう。

 

□ローコスト住宅の安全性について!

 

ローコスト住宅は、費用を抑えられる点が大きなメリットです。
しかし、価格が安いため耐久性などの安全性に不安を抱いている方は少なくありません。
では、ここからは安全性について見ていきましょう。

そもそもお家を建てる際は、建築基準法に基づいて建築確認や中間検査、完了検査を行います。
そして、安全性を必ず検査・確認しなければならないと決められているのです。
もし、建築基準法の基準を満たしていなければ、建築法違反となるため販売できません。
つまり、ローコスト住宅でもこれらの検査や確認は必ず行われているため、法律で決められた安全基準は十分に満たされているのです。

 

*耐震性

先ほどお話ししたように、ローコスト住宅は安全基準を満たしているため耐震性能も十分です。
ところで、耐震性能を客観的に評価するための指標として「耐震等級」というものがあるのをご存じでしょうか。
これには、等級1から等級3までの3つの段階があり、数字が大きいほど耐震性が強いと言えます。
耐震等級1で、建築基準法の耐震性能を満たす水準です。

ローコスト住宅でも、耐震等級2や耐震等級3の物件は少なくありません。
少しでも安心して暮らすために、耐震等級にも注目してみるのがオススメです。

 

□まとめ

 

今回はローコスト住宅の安全性についてご紹介しました。
ローコスト住宅であっても、品質が悪いわけではありません。
当社のローコスト住宅でも、安全性についてはしっかりと確認しているため安心して暮らしていただけます。
費用を抑えてお家を建てたいとお考えの方は、ローコスト住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

多くの方にとってお家を購入することは大イベントではないでしょうか。
お家の購入は高額であるため、絶対に後から後悔したくないですよね。
今回は「分譲住宅」についてご紹介しますが、皆さんが購入後に後悔しないよう、不動産の専門家である当社がしっかり解説していきます。
秋田にお住まいの方は、ぜひお役立てください。

 

□ポイントを確認しよう!

 

ここからは、分譲住宅を選ぶ際のポイントをご紹介します。
大きく分けてポイントは2つあります。

 

*貯蓄や収入に見合った予算を考える

まず1つ目のポイントは予算についてです。
「分譲住宅を購入したい」と思ったら、まずは予算を決めましょう。
その際、毎月の家計や貯蓄に見合った金額にすることが大切です。
「頭金はどのくらい払えるのか」、「毎月のローンはいくらなら無理なく払えるのか」など、より具体的にイメージしてみるのも良いでしょう。

また、お家を購入する際はお家のお金だけでなく、家具・家電の購入費や引っ越し代などの入居費用もかかります。
そして、あまり考えたくはありませんが、お家を購入した後に病気やケガなどで思わぬ出費が出る場合もあるでしょう。

そのため、お家を購入する際の予算は、貯蓄や収入、購入後の生活のことなどをしっかりと考えてから決めるのが大切なポイントです。

 

*希望する条件をまとめる

お家を購入する際は、どのようなお家でどんな暮らしがしたいのかをイメージしてみましょう。
家族構成やお子様がいらっしゃる方はお子様の年齢などを含めて、お家とともにどのように家族が成長していくかを考えます。

例えば、お部屋はいくつ必要か、キッチンやリビングの大きさはどの程度必要なのかなどを確認しましょう。
また、内装だけでなく外観デザインや断熱性、お庭、駐車場などもある程度イメージしておくのがオススメです。

ご自身や家族がどのような暮らしを求めているかを考えてみましょう。

 

□注意点を紹介!

 

分譲住宅を考える際に注意したいのが、隣家との境界です。
分譲住宅に限らず、隣家との境界をめぐったトラブルは少なくありません。
そのため、境界線ははっきりさせましょう。

例えば、都市部では塀を建てるのが普通ですが、最近の郊外型分譲地では丈の低い柵や植え込みで仕切るケースを見かけることが多いです。
これは、隣家との境界をはっきりさせることや、視線が通りやすいという意味で防犯効果も期待できるでしょう。

 

□まとめ

 

今回は、分譲住宅を選ぶ際のポイントをご紹介しました。
お家を購入する前に、貯蓄や収入に見合った予算を考えることや希望条件をまとめておくことが、分譲住宅の購入を成功させるポイントでしょう。

1 2 3 4 5
  • 情報コミュニティ
  • 資産形成学院
  • 東北労働金庫
  • 荘内銀行
  • ハウスジーメン
  • housetec
  • 三協立山アルミ株式会社
  • 住友林業クレスト株式会社
  • YKK
  • 三井住友海上
  • 住設あんしんサポート
  • リリカラ
  • 秋田ケーブルテレビ
  • ABS
  • ランドマーク不動産
  • アート引越センター
  • T-PEC
  • Resta
  • アーク賃貸保証
  • 東部ガス
  • 不動産実務検定
  • 三井住友海上あいおい生命
  • マイベストプロ
  • 住宅アカデメイア
  • 湯雄福祉会
  • 株式会社Neon
  • 宇佐美クリーニング
  • HAVE A NICE DAY!!
  • 美容室・ラナ
  • ぐらん炭
  • 地盤の専門家サムシング
  • LIXIL
  • DECOR BAY FIRST
  • DECOR BAY FIRST
  • DECOR BAY FIRST
  • 鎧ガード工法