家づくりよろず話

スタッフブログ

家づくりよろず話

 

秋田で平屋の購入を検討されている方はいらっしゃいませんか。

 

平屋を購入する際には、外観が住宅を印象づける上で重要です。
今回は、外観デザインの考え方外観の失敗例についてくわしく紹介します。

 

 

□外観デザインの考え方とは

 

 

外観のデザインの決定に際して、特に意識しておきたいことは2つあります。

 

1つ目は、日当たりや風通しを良くすることです。

平屋の場合、すべての部屋を快適にすることは難しいです。
なぜなら、平屋の中心部分はどうしても日当たりや風通しが悪くなってしまうからです。

 

この問題を解決するための方法は、2つあります。

それは、真ん中を中庭にする方法全体をL字型や長方形にする方法です。
これらの方法を用いることで、平屋の日当たりや風通しが向上します。
ただし、平屋の構造を複雑にしすぎないことに注意する必要があります。

 

2つ目は、屋根を活かすことです。

平屋の場合、同じ床面積の2階建て住宅に比べて屋根面積や基礎面積は広いです。
そのため屋根に高さがうまれ、2階にスペースを設けられます。
一定以上の高さがある部屋を設けてしまうと、2階建て住宅とみなされることがあります

 

そのため1階と空間的に繋がったロフトを設けることが多いです。

どのような屋根を設けるかで、平屋の構造や外観の印象が大きく変わります。
屋根の魅力を十分に活かしましょう。

 

 

□外観の失敗例とは

 

 

1つ目は、外観を1色でまとめてしまった例です。
外観を白や黒といった単色でまとめてしまうと、住宅の印象が地味で質素に感じられることがあります。
加えて、余計に汚れが目立ってしまうことも多いです。
外観には、質素すぎず派手すぎない色味をチョイスしましょう。

 

2つ目は、屋根と外壁のバランスを誤った例です。
平屋は、屋根と外壁のバランスが重要です。
屋根の色味と外壁の色味がアンバランスだと、周辺の住宅から浮いてしまいます
外観を決める際には、屋根にも注意を払いましょう。

 

3つ目は、雨漏りする事態に陥ってしまった例です。
住宅で雨漏りする事態は避けたい、という方も多いのではないでしょうか。
雨漏りを防ぐためには、平屋に適した排水システムを導入することが大切です。
住宅会社の担当者の方と話し合い、美しい外観を保ちつつ、雨漏りのしない住宅を目指しましょう。

 

 

□まとめ

 

外観デザインの考え方と外観の失敗例についてくわしく紹介しました。

外観を決定する際に、本記事を参考にしていただければ幸いです。
平屋の購入を検討されていらっしゃる方は、ぜひクリエイトホームズにご相談ください。

 

新しい住まいを探しているけれども、あまりお金はかけたくないという方はいらっしゃいませんか。

 

そんな方には、ローコスト住宅がおすすめです。
しかし、断熱性能が心配という方も多いですよね。
そこで今回は、断熱性能が高いのにローコスト住宅である理由と住宅における窓の重要性についてご紹介します。

 

 

□なぜ高断熱住宅はお金がかかりにくいのか?

 

 

高断熱住宅は、なぜお金がかかりにくいのでしょうか。
ここでは、その理由を含めて高断熱住宅の魅力についてご説明します。

 

住宅購入時には、購入費用や建築費用に目が行きがちです。
確かに、この段階でコストを抑えられたら良いですよね。

 

しかし、意外に見落としがちなのが、住んでからかかる費用です。
初期費用を抑えてしまったために、住み始めてから後悔するというケースは珍しくありません。

高断熱住宅にすることで、快適な生活空間メンテナンス費用がかかりにくい住宅が実現できます。
断熱性能に優れているのはもちろん、長期的に見ると光熱費を抑えられたり家族の健康を守ったりすることも期待できます。

 

車を購入する際に燃費を確認するように、住宅にも燃費という考え方があり、低燃費の住宅にすることで、大幅に光熱費を下げられます
夏は涼しく、冬は暖かいという理想の住宅を実現させるためには、断熱性能を高めた住宅にすると良いでしょう。

 

 

□暖かい住宅を実現させるためには窓が重要!

 

 

暖かい住宅にするためには、窓の大きさや数性能が深く関係しています。
ここでは、住宅における窓の役割重要性についてご説明します。

 

住宅全体を暖かくしたいのであれば、窓の数を減らすことが一番簡単かつ効果的な対策です。
なぜなら、室内と室外の熱のやり取りをしているのが、半数以上窓を経由してのやり取りだからです。

しかし、住宅の断熱性能を高めるなら、断熱材を取り入れる方が効果的なのではと思っている方も多いですよね。

 

しかし、それだけでは断熱効果は低く、断熱材が無い箇所から暖かい空気が逃げてしまいます
また、住宅全体に断熱材を取り入れる必要があるので、かなり費用がかかります

高断熱の住宅にするためには、窓の性能にこだわったり、断熱材を使用したりすることは大切です。
しかし、どちらか一方だけ取り入れるのではなく、これら以外の断熱対策を取り入れながら、住宅全体の性能を高めるようにすると良いでしょう。

 

 

□まとめ

 

 

今回は、断熱性能が高いのにローコスト住宅である理由と住宅における窓の重要性についてご紹介しました。
ローコストで高断熱住宅に仕上げるためには、窓の数や大きさにこだわると良いでしょう。
秋田市にお住まいでローコスト住宅をご検討中の方は、これらの情報を参考に暖かい住宅を実現させてみてはいかがでしょうか。

 

雪国で平屋住宅をお考えの方はいらっしゃいませんか。

 

雪国で平屋住宅にする場合、それなりの寒さ対策を講じる必要があります。
そこで今回は、平屋住宅が寒い理由暖かくするためのポイントについてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

□平屋住宅が寒い理由とは?

 

 

一般的に平屋住宅は、マンションよりも寒く感じやすい傾向にあります。
その理由としては、構造上の問題間取りの問題が関係しています。

構造上の問題の場合、平屋住宅は基本的に木造住宅が多く、マンションなどは鉄筋コンクリート製のものがほとんどです。

鉄筋コンクリート製の方が、断熱性気密性に優れているため、寒さを感じにくい空間になりやすいのが特徴です。

また、木造住宅は木材の反り収縮によって隙間が生じやすく、そこから暖かい空気が逃げてしまいます。

平屋住宅を購入後に寒さで後悔するケースも少なくないので、事前に寒さが伝わりやすい構造であるかどうか知っておくようにしましょう。

間取りの問題としては、開放感のある吹き抜けや階段が、ネックになる場合が多いです。
特に吹き抜けは、暖かい空気を部屋全体に行き渡らせることが難しく、暖房効果があまり期待できません

サーキュレーターやファンを設けて、温風を循環させるなどの対策を講じると良いでしょう。

 

 

□暖かい住宅を実現するための3つのポイント

 

 

1つ目のポイントは、窓の大きさや断熱性能にこだわることです。
窓の大きさや性能は、暖かい住宅を実現するために非常に重要な要素です。

なぜなら、窓から逃げる熱の割合は、全体のおよそ6割になるからです。
そのため、断熱性能の高いガラス樹脂製のサッシなどを取り入れると良いでしょう。

 

2つ目のポイントは、吹き抜け部分に自動開閉機能のついたシェーディングを取り付けることです。

吹き抜けを仕切ることで、上方からおりてくる冷気を防げます。
圧迫感が苦手という方は、レース状のものを取り付けると良いでしょう。

 

3つ目のポイントは、床暖房の設置です。
床暖房は、足元からじんわり暖めてくるので、寒さ対策としてはかなり有効な手段です。

足元が暖かいと体感温度も上がりやすいので、快適に過ごせます。
設置する際にやや費用はかかりますが、寒い地域にお住まいの方は設置して損することはないでしょう。

 

 

□まとめ

 

今回は、平屋住宅が寒い理由と暖かくするためのポイントについてご紹介しました。

雪国の平屋住宅は、窓の大きさや数、床暖房の設置などの寒さ対策が必要不可欠です。
秋田市にお住まいで平屋住宅をお考えの方は、ぜひクリエイトホームズまでお気軽にご相談ください。

 

 

建売住宅の内覧に訪れる際には、事前に確認することを整理しておくことが大切です。

 

しかし、何を事前に整理しておけば良いのかわからない方もいらっしゃいますよね。
そこで今回は、建売住宅の内覧会でのチェックポイントとその際に準備しておくことについてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

□建売住宅の内覧会でのチェックポイント

 

 

ここでは、室内を中心に内覧会で確認しておきたいポイントについてご説明します。

 

まずは、ドアや窓の開閉を確認するようにしましょう。
ドアと窓の開閉具合は、自分の手で実際に確認しないと、わからない箇所の1つです。

途中までしか開かないかたくて動かしづらいなどの点に注目すると良いでしょう。
購入してから気付いても、取り替えの手間や費用がかかるので、内覧時に確認しておくことが大切です。

 

次に、クロスやフローリングの傷や汚れの確認です。
これらは、比較的目に見えやすいですが、内覧時に確認するようにしましょう。

新築の場合でも、他の人が内覧に訪れた際にできた傷や汚れが残っている場合もあります
許容できない傷や汚れがある場合には、入居前に対処すると良いでしょう。

 

 

□内覧会前に準備しておきたいこととは?

 

 

続いて、内覧会前に準備しておきたいことを2つご紹介します。

 

1つ目は、図面を確認しておくことです。
内覧会に訪れる前に、住宅全体の図面や資料などに目を通すようにしましょう。
それらに目を通しておくことで、内覧会での確認ポイントや質問することを事前に整理できます

そうすることで、確認しておきたいことを漏れなく質問できます。
内覧時点で解決できることは、事前に解決しておくことで、購入してから「ここがこうなっていたら良いのに」などと後悔する確率を減らせるでしょう。

 

2つ目は、当日の持ち物を確認することです。
内覧会で詳細を確認するためには、以下の道具を当日に持っていくようにしましょう。

暗いところを照らす際には懐中電灯、長さを確認する際にはメジャーがあると非常に便利です。
他にも、傾斜を確認するための水平器、傷や汚れがある場所を確認するためのマスキングテープ付箋などがあれば、より詳しく建物の状態を確認できます。

自分は内覧会で何を確認したいのか明確にしてから、当日に必要な持ち物を決めると良いでしょう。

 

 

□まとめ

 

 

今回は、建売住宅の内覧会でのチェックポイントその際に準備しておくことについてご紹介しました。
内覧に訪れる際には、確認事項を整理しておくことで、購入してから後悔する確率を減らせます
秋田市にお住まいで建売住宅をご検討中の方は、ぜひ内覧に訪れる前にこれらの情報を参考にしていただけますと幸いです。

 

ローコスト住宅をご検討中の方はいらっしゃいませんか

 

ローコスト住宅は安いからといって、快適さや耐久面で劣るわけではありません。
そこで今回は、ローコスト住宅の特徴と、どのような人が向いているのかについてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

□ローコスト住宅の特徴で押さえておきたいこと

 

 

ローコスト住宅は、単に安いだけが特徴ではありません
他の特徴を押さえることで、納得できる住宅を実現できます。
ここでは、ローコスト住宅の特徴について2つご説明します。

 

1つ目は、どこまでが住宅価格に含まれるのかを知っておくことです。
ひとくくりにローコスト住宅といっても幅広く、何が住宅価格に含まれているのか知らずに購入する人は少なくありません。

 

ローコスト住宅の場合、坪単価30から50万円程度が相場になります。
また、住宅周囲のフェンスや駐車場などの外構を含んだ価格であるのか、別途確認するようにしましょう。

 

2つ目は、規格範囲を把握しておくことです。
ローコスト住宅の場合、間取りや設備などがあらかじめ規格化している住宅のため、どのような規格であるのか知っておく必要があります。

 

間取りや設備は、基本プランになっているので、「こだわりたい」と強い思いがある方は、少し物足りなく感じやすいです。
もちろんグレードアップすることは可能ですが、その分費用はかかるので注意しましょう。

 

 

□ローコスト住宅に向いている人とは?

 

 

ここでは、どのような人がローコスト住宅に向いているのかについてご説明します。

 

まずは、シンプルなデザインで良いと思っている人です。
ローコスト住宅は、キッチンやリビングにこだわりがなく、最低限生活できる環境が整っていれば良いという方にはおすすめです。

費用を抑えているからといって、生活しづらいと感じることはないので、無理なく快適に過ごせます
予算を抑えながら、最低限の生活空間を確保したいなら、選択肢に入れてみると良いでしょう。

 

次に、住宅にはお金をかけたくないと思っている人です。

上記でも説明したように、ローコスト住宅の最大の魅力は、費用を抑えられることです。
「住宅ローンの返済に追われる生活はしたくない」「子供の教育費や老後の生活費は多めに残しておきたい」という方に向いています。

 

また、建売住宅も比較的費用が安めですが、土地を選択できません
ローコスト住宅であれば、自分の住みたいエリアに予算を抑えながらの住宅づくりができるでしょう。

 

 

□まとめ

 

今回は、ローコスト住宅の特徴と、ローコスト住宅に向いている人についてご紹介しました。
ローコスト住宅は、費用を抑えながら、シンプルな生活空間を求める人に向いています。
秋田市にお住まいでローコスト住宅をご検討中の方は、ぜひクリエイトホームズまでお問い合わせください。

 

「建売住宅を購入するメリットとは何だろう。」

 

 

秋田市で建売住宅の購入をご検討中で、このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、建売住宅を購入するメリットとその際の注意点についてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

□建売住宅を購入するメリットとは?

 

 

ここからは、建売住宅を購入するメリットを3つご紹介します。

 

1つ目のメリットは、費用が抑えられることです。
建売住宅は、土地と住宅をセットで販売し、同様の住宅を複数建設するのが一般的です。

そのため、資材をまとめて購入したり、工事の作業が決まっているので効率的に進められたりします。
そのような手間を省略できるため、注文住宅よりも費用を抑えられる傾向にあります。

 

2つ目のメリットは、具体的なイメージを膨らませながら購入を決定できることです。
建売住宅は、間取りやデザインなどの方向性が決まっているものを購入するので、その後の生活をイメージしやすいという特徴があります。

また、すでに完成している状態であれば、実際に内装や立地条件を確認しながら、購入の決定もできるでしょう。

 

3つ目のメリットは、契約から入居までの期間が短いことです。
建築計画があらかじめ決められているものを購入するので、スムーズな引っ越しが可能です。
完成している住宅を購入する場合、購入後すぐに入居も可能なので、早めに新居に引っ越したいという方におすすめです。

 

 

□建売住宅を購入するときの2つの注意点

 

 

1つ目の注意点は、アフターフォローの有無です。
入居して新生活がスタートしてから、住宅の欠陥に気づき、修繕が必要になることもありますよね。

そのような場合でも、アフターフォローが充実していれば、すぐに対応してもらえるので安心です。
建売住宅を購入する際は、その後のアフターフォローが充実しているのか確認すると良いでしょう。

 

2つ目の注意点は、点検口の有無を確認しておくことです。
点検口とは、床下や天井裏を点検するために取り付けられた開口のことです。

 

そこから、配管や建物の構造を確認できるようになっています。
日常的に使用することはありませんが、メンテナンスが必要なときに困るため、必ず確認してから購入を決めるようにしましょう。

 

 

□まとめ

 

今回は、建売住宅を購入するメリットとその際の注意点についてご紹介しました。
建売住宅は、間取りや建具があらかじめ決まっているため、新生活のイメージを膨らませながら購入を決定できるのが魅力です。
秋田市にお住まいで建売住宅をお考えの方は、ぜひこれらの情報を参考にしてみてください。

 

雪の多いエリアでは、雪対策は必要不可欠です。
平屋住宅の雪対策としては、雪止めの設置が効果的です。

 

しかし、それを設ける利点って何なのかと疑問をお持ちの方も多いですよね。

そこで今回は、屋根に雪止めを設ける利点とその際の注意点についてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

□屋根に雪止めを設置する2つのメリットとは?

 

 

1つ目のメリットは、落雪による事故やトラブルを防止できることです。
屋根に雪止めを設置することで、落雪が原因の事故やトラブルが発生する確率を減らせます。

雪止めを設置しないと、かたくなった雪が落ちてしまうため、車やカーポートなどが破損する可能性があります。

また、隣の家に落雪したり、道路を塞いでしまったりするので、雪が多いエリアではこれを設置することで、落雪による事故を未然に防げるでしょう。

 

2つ目のメリットは、屋根の付帯物の破損を防げることです。
雪止めを設置しないと、屋根に付帯している雨どいなどの破損の可能性が高まります。

雨どいが破損した状態だと、降った雨が建物を直接つたってしまうので、腐食の原因になります。
これは、建物自体の寿命を短くすることにも繋がります。
雪止めは住宅の寿命を長くするためにも効果的に機能するでしょう。

 

 

□屋根に雪止めを設置する際の3つの注意点を解説!

 

 

1つ目の注意点は、耐震性能が低くなることです。
雪止めを設置すると、屋根に雪がとどまり重くなるので、耐震性が低下します。

屋根が軽ければ軽いほど、耐震性が向上するため、雪止めを設置し過ぎるのは好ましくないです。
地震が発生したときに屋根が崩れるのが心配な方は、まずは専門家に相談してから、設置を検討すると良いでしょう。

 

2つ目の注意点は、雨漏りの原因になる危険性があることです。
雪止めを設置した場合、屋根の老朽化が進行していると、雨漏りの原因になります。

ただ、適切に工事すれば雨漏りの心配をする必要はないので、設置に慣れている業者に依頼することが大切です。

 

3つ目の注意点は、雪止めを設置できるタイプとできないタイプの屋根があることです。
雪止めは、屋根の種類を問わずに何でも設置できるわけではありません。
たとえば、アスファルトシングルの屋根の場合、瓦タイプの雪止めや金具タイプの雪止めの使用はできません。

 

また、陸屋根のように傾斜が少ない平たい屋根の場合は、これを設置しても絶大な効果が期待できません。
屋根の種類や形状によって、設置できない、しなくて良い場合もあるので、自分の家の屋根はどのタイプの屋根なのかを確認しておくと良いでしょう。

 

 

□まとめ

 

今回は、屋根に雪止めを設けるメリットとその際の注意点についてご紹介しました。
これを設置することで、建物の破損を防ぐだけでなく、人に対する危険を未然に防止できます。
秋田市にお住まいで雪止めをお考えの方は、ぜひクリエイトホームズまでご相談ください。

 

 

平屋住宅に太陽光発電を設けるメリットって何かと疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか。

 

平屋住宅の特徴を活かすことで、生じるメリットはいくつかあります。

そこで今回は、平屋住宅に太陽光発電を設置するメリットとデメリットについてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

□太陽光発電を設置するメリットとは?

 

 

1つ目のメリットは、たくさん設置できる点です。
平屋住宅は、複数階建てよりも屋根面積が大きいです。

そのため、太陽光パネルをたくさん設置できる傾向にあります。
そうすれば、発電量も自然と増えるので、設置費用を早めに回収もできるでしょう。

 

2つ目のメリットは、メンテナンスが楽な点です。
平屋住宅の場合、複数階住宅よりも屋根の位置が低いので、設置する際の手間がかかりにくいという特徴があります。

屋根に設置する関係上、足場が必要になりますが、平屋住宅は大がかりな足場を取りつける必要がありません。

 

3つ目のメリットは、電気代が安くなる点です。
太陽光パネルを設置する際に多少費用がかかりますが、発電した電気を使用できるので、トータルの電気代が安くなる傾向があります。

 

また、発電した電気を売却して、収入を得ることも可能です。
一般的には、8から10年くらいで元がとれるとされているため、長期的に電気代を抑えることが期待できるでしょう。

 

 

□太陽光発電を設置するデメリットとは?

 

 

1つ目のデメリットは、設置する際の費用負担が大きい点です。
当然ですが、太陽光パネルを設置する際にはかなり費用がかかります。

一般的には、100万円を超える金額を初期費用として負担する必要があります。
しかし、地方自治体の補助金ソーラーローンなどを活用すれば、その負担を軽減できるので、上手に活用すれば費用を抑えながら太陽光パネルを設置できるでしょう。

 

2つ目のデメリットは、定期メンテナンスが必要な点です。
太陽光パネルの設置は、初期費用以外にも、定期的な維持費がかかります。

メンテナンスが比較的楽な平屋住宅であっても、その費用は負担になるでしょう。
そのため、太陽光発電を設置する際には、必要経費を含めた収支シミュレーションを検討しておくことが大切です。

 

3つ目のデメリットは、発電量が安定しない点です。
太陽光発電の発電量は、天候に左右されやすいので、安定しないことが予想されます。

特に季節ごとに発電量にバラつきが出るので、年間を通した発電量を計算しておくことが大切です。
その地域の気象条件や気候、太陽光パネルの性能など、分からない点があれば専門家に確認するようにしましょう。

 

 

□まとめ

 

今回は、平屋住宅に太陽光発電を設置するメリットデメリットについてご紹介しました。
秋田市にお住まいで平屋住宅に太陽光発電の設置をご検討中の方は、ぜひこれらの情報を参考にしていただけますと幸いです。

 

平屋住宅にしたいという方はいらっしゃいませんか。

 

その際、寒さ対策として断熱材を使用すると良いでしょう。

しかし、どの種類の断熱材が良いのかわからないという方もいらっしゃいますよね。

そこで今回は、住宅における断熱材の役割、その種類と特徴についてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

□住宅における断熱材の役割とは?

 

 

断熱材は、その名の通り熱を遮断する建材のことです。
建物の室内と室外の熱移動を遮断するため、外気温が室内に伝わりにくいという特徴があります。

そのため、冬場は冷気が侵入しにくいため、室内の暖かさをキープできます。

また、夏場も暑い外気が侵入しにくいので、冷房がなくても涼しく快適な生活が可能です。

さらに、断熱性能は住宅の寿命にも関係しています。
住宅の寿命は、「住宅そのものの耐久性」と「快適な住環境の維持」という2点によって決まります。

昔の住宅と比較して、現在の住宅が耐久性に優れているのは、断熱性能などの機能面がアップしているからです。

住宅そのものの耐久性も大切ですが、その中の住環境も住宅の寿命に関係していることを意識すると良いでしょう。

 

□3つの断熱材の種類と特徴とは?

 

 

断熱材の種類は、大きく3つに分類されます。

1つ目は、無機繊維系断熱材です。
これは、ガラスや石などを繊維状にしてその中に空気を閉じ込めることで断熱効果を生み出します。

耐火性防音性に優れているという特徴があり、グラスウールロックウールなどが代表的なものとして挙げられます。
また、湿気に弱いという弱点があるので、その点には注意が必要です。

 

2つ目は、木質繊維系断熱材です。
これは、自然素材の持つあたたかみを活かした断熱材です。
具体的には、新聞や段ボールなどの古紙やおがくずが原料であるセルロースファイバーが挙げられます。

身体に優しく耐火性防音性防虫効果にも優れている分、少し費用が高いのがデメリットと言えるでしょう。

 

3つ目は、発泡プラスチック系断熱材です。
これは、プラスチックの中に存在する細かな気泡にガスを閉じ込めることで、断熱効果を生み出します。

気泡の数大きさによって断熱性能が左右されやすいのが特徴です。
吹き付けタイプもあるので、ますます需要が高まっている断熱材です。

 

 

□まとめ

 

今回は、住宅における断熱材の役割その種類と特徴についてご紹介しました。
断熱材にはいろいろな種類があり、それぞれ特徴が異なるので、用途に合わせて使い分けると良いでしょう。
秋田市にお住まいで断熱材にお困りの方は、ぜひクリエイトホームズまでお問い合わせください。

 

秋田にお住まいで、平屋をご検討中の方はいらっしゃいませんか。

 

最近は、毎日の生活において上下移動の必要がない平屋への注目度が高まっています。
今回は、そんな平屋が気になっているという方のために、平屋メリットデメリットをご紹介します。
参考になれば幸いです。

 

 

□平屋のメリットとは?

 

 

1つ目は、バリアフリーを実現できることです。
平屋は階段がないため、フラットでバリアフリーな家になります。

年齢を重ねるほど、階段の上り下りが億劫になりますし、危険性が増します。
暮らしの安全性を考えてもこのような家は暮らしやすいといえますね。

 

2つ目は、効率の良い動線をつくりやすいことです。
平屋は、平行移動のみで家事や生活ができるため、効率の良い動線を計画しやすいです。

片付けや掃除、洗濯などの家事は2階建てより平屋の方がより効率的です。

 

間取りで気を付けたいことは、玄関の位置です。
玄関が家の隅にあると、反対側にある部屋への移動が長くなってしまうため、玄関はできるだけ家の中心に設けるようにすると良いでしょう。

 

3つ目は、家族の様子がわかり、コミュニケーションが取りやすいことです。
生活が1階のみで完結する平屋は、家族と顔を合わせる機会が増えるので、お互いの様子が良くわかります。
それゆえ、コミュニケーションを取る頻度が増えるのも平屋のメリットです。

 

 

□平屋のデメリットとは?

 

 

まずは、敷地や周辺環境の影響を受けやすいことです。
1階しかないので、敷地や周辺環境の影響を受けやすいという特徴があります。

時々、周りの2階建ての家からの視線が気になるという声もあります。

都市部や住宅街で平屋を建てようとされている方は、周辺環境にも注意が必要です。
あらかじめ、日当たり視線がどうなるかを考えて設計することをおすすめします。

 

また、同じ大きさであれば、2階建ての家と比べると平屋の方が坪単価が高くなってしまうことです。
平屋は2階建ての家と比べて基礎の面積や屋根の面積が増えてしまうため、その分費用が多くかかってしまうからです。

このような場合、トイレを1つにするなど費用の面で工夫すると、差が埋められます。

 

 

□まとめ

 

平屋のメリットデメリットをご紹介しました。
バリアフリーが実現しやすい、効率の良い動線がつくりやすい、家族とコミュニケーションが取りやすいことが平屋の良い所です。

周辺環境の影響を受けやすいこと、坪単価が高くなりがちであることをカバーするため、そこに気を付けながら設計すると良いでしょう。

1 2 3 4 5 8
  • 情報コミュニティ
  • 資産形成学院
  • 東北労働金庫
  • 荘内銀行
  • ハウスジーメン
  • housetec
  • 三協立山アルミ株式会社
  • 住友林業クレスト株式会社
  • YKK
  • 三井住友海上
  • 住設あんしんサポート
  • リリカラ
  • 秋田ケーブルテレビ
  • ABS
  • ランドマーク不動産
  • アート引越センター
  • T-PEC
  • Resta
  • アーク賃貸保証
  • 東部ガス
  • 不動産実務検定
  • 三井住友海上あいおい生命
  • マイベストプロ
  • 住宅アカデメイア
  • 湯雄福祉会
  • 株式会社Neon
  • 宇佐美クリーニング
  • HAVE A NICE DAY!!
  • 美容室・ラナ
  • ぐらん炭
  • 地盤の専門家サムシング
  • LIXIL
  • DECOR BAY FIRST
  • DECOR BAY FIRST
  • DECOR BAY FIRST
  • 鎧ガード工法